体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

6歳の長男、はじめてのお買い物。自分のおこづかいで支払いできるかな!? by tomekko

こんにちは。tomekkoです。

さて、前回は長男へのおこづかい制スタートにまつわる経緯とやり方を紹介してみました。 前回のエピソード:子どもの仕事に賃金を払い、対等に交渉も。我が家の「おこづかい制」を紹介します! by tomekko

たまたま誕生日がお正月、ということもあり、実は長男はスタート時点からかなりの金持ちでした(笑)

というのも、臨時にして最大の収入、お年玉があったんですね。

f:id:akasuguedi:20180201192617p:plain

これまでは金額を本人に伝えることもなく、全額それぞれの子どもの口座に放り込んでいました。

でも今回から、長男には全額を見せ、千円単位以下の端数を自由に使える特別なお金として渡しました。

誕生日が実用品だったことへの罪滅ぼし的なところもあります(汗)

端数になるのが3千円くらいと、6歳にとってはなかなかの大金でした。

このお金を財布に詰め込んで、意気揚々とお買い物へ‼︎

…と、その前に‼︎

お金の価値を教えなくては…

これがなかなか、大人も頭を悩ませながらの大仕事になりました。

f:id:akasuguedi:20180201192706p:plain

1円から500円の小銭を実数で見せ、1円が5枚たまったら5円玉1枚と、10枚たまったら10円硬貨1枚と換えられる、といった仕組みを四苦八苦しながら伝えてみましたが、なかなか理解できず小1時間出かけられないというトラップ…

ええい!もう実地訓練が一番だ!現地で値札見せながら説明しよう!と、諦めてようやく出発。

お財布をもらった時の長男は微妙〜な表情でしたが、実際にお金を入れて首から下げてみると、なんだかとても誇らしそう。

今から自分の持っているお金で欲しいものを選んで買える、という初挑戦にもウキウキな様子で、ようやくプレゼントしてよかった、と思えました。

f:id:akasuguedi:20180201192747p:plain

売り場でめっちゃ悩む長男。

買ってもらう時にはわりと目に入ったもので即決、ということが多く、本当にそれ欲しいの…?と疑わしいこともあったんですが、やはり限られた自分のお金で、値札と相談しながら本当に欲しいものを…と思うと慎重になるんでしょうか。

値札の数字を一生懸命読んで、持っているお金の範囲内で買えるのか父とじっくり相談。

その間、ワタシは次男にも同じくお年玉の端数で彼用のオモチャを選んで購入していました。

最終的に決めたのは、プラレールの新幹線でした。そういえばレールの複雑化にばかり夢中になってて走らせる電車のバリエーション無かったもんね。

f:id:akasuguedi:20180201192846p:plain

初めて自分でレジに持っていき、財布からお金を出す時には緊張でお札を取り落とし、アワアワしている後ろ姿に手を出したい思いをぐっと堪えて見守りました。

お釣りを手渡され、こぼさないように丁寧にお財布にしまって戻ってきた長男は、充実感に頬を紅潮させていました。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。