体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

西方凌「お祝い事にぴったり、失敗しないケーキデコレーション。衝撃的なゾンビケーキも!?」【子育て meets DIY vol.7】

西方凌「お祝い事にぴったり、失敗しないケーキデコレーション。衝撃的なゾンビケーキも!?」【子育て meets DIY vol.7】

家具から雑貨までDIYしてしまうタレント・西方凌さん。今回は、パティシエである妹さん直伝のケーキデコレーションをご紹介。簡単でキレイに仕上がるチョコペンイラスト、必見です!

もうすぐ雛祭りですね。
私には姉と妹がいます。三姉妹の雛祭り、幼いころは七段のお雛様を毎年飾ってお祝いしてもらっていました。
自分の背丈より、うんと高い位置に座っているお雛様。少しでも近くで見たくて、椅子に登ったり抱っこをせがんだりしたのを覚えています。

雛祭りに限らず、お祝い事にはいつもあった、母の手作りケーキ。
季節によって「具」は違うけれど、私は缶詰めみかんのケーキが好きでした。

その影響からか、妹はパティシエになりました。そして、私もお菓子作りは大好きです。
娘が生まれたいまは、母親にしてもらったように私も、七段のお雛様を飾ってケーキを焼きます。

 

下準備&デザイン画を制作しよう

さて今回は、そんな手作りケーキのデコレーションについて。
パティシエの妹から教えてもらった、ケーキに手軽に絵を描く方法を紹介します。イラストだけでなく写真からもデザインがおこせるので、凝ったケーキも簡単。ケーキの作り方ではなくデコレーションの方法なので、ケーキはお好きなものでOKです。

【材料】

チョコレート

ホワイトチョコレート

着色料

ゼリー(ゼラチンでも可)

【道具】

ビニールのラッピングバッグ

クッキングシート

材料が整ったら、用意したホールケーキを丸ごと冷凍庫に入れましょう。
表面の生クリームを凍らせて、下地を作ってから、デコレーションがスタートします!

▲30分~1時間ほどケーキを冷凍して、表面の生クリームを凍らせる

そのあいだに、ケーキにしたいイラストや写真を用意しましょう。紙にデザイン画を描いていきます。

▲今回はPacomaオリジナルケーキにするため、まんなかにロゴを配置。DIYを思わせるアイテムなども入れて、デザインしてみました。

▲デザインができたら、クッキングシートを重ねて、鉛筆でなぞります。

▲写したクッキングシートを裏返すと、こんなかんじです。

 

絞り袋「コルネ」を作って、デコレーション

デザインが決まったら、デコレーションの準備です。ビニールのラッピングバッグを使って、「コルネ」というお手製の絞り袋を作ります。市販の絞り袋+口金よりも細い線が描けるので、こまかな飾りつけに便利。

用意したビニールバッグをくるりと円錐形に巻いて、セロテープで留めましょう。中にチョコを入れれば、先端から少しずつ絞り出せる仕組みです。

▲コルネはクッキングシートでも作れるけれど、ビニールのラッピングバッグがおすすめ。セロテープで留められるし、あとで電子レンジにかけるときにも安心です。

1 2 3次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。