体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ISSEY MIYAKE PARFUMSの新製品は“ピュア ネクター”

1802231

1973年から99年までパリコレに参加し、“一枚の布”という考え方でクチュールの概念を変革した、日本を代表するデザイナー、三宅一生。彼が手がけるブランド「イッセイミヤケ」のフレグランスライン、「イッセイミヤケ パルファム」から2018年3月14日に新製品が登場する。

1802232

ホワイトデーである、3月14日に登場となる「ロードゥ イッセイ ピュア ネクター ド パルファム」は、「ピュア」シリーズ第3弾。香調は、潤沢な花蜜とみずみずしいアクアティック・ノートの香り。

柔らかく、たっぷりと水気を含むトップノートは、とろけそうな果肉から溢れる洋梨の透き通った果汁。黄金の光に優しく照らされて、ローズ・アブソリュートのなかから繊細に香り立つハチミツを感じられる。
水滴をまとう花びらに、むせかえるような花蜜の潤沢な香りを感じるミドルノートは、透明感のあるアクアティック・ノートに寄り添うがごとく濃厚で、豊潤なローズが花開くイメージ。
ハチミツととろけあうローズのあとには、なめらかなサンダルウッドが、みずみずしく調和する香りの中に漂う。そして、波しぶきや砂、肌の香りを彷彿とさせるアンバーグリスとカシュメランという「ロードゥ イッセイ ピュア」シリーズを象徴する香料が締めくくる。

1802233

手掛けたのは、香水回の重鎮、ドミニク・ロピオンと、彼に師事する先鋭な若手調香師、ファニー・バル。2人が創造した、果汁の香りや鼻の香りといった自然の美味を味わえるグルマンな「ロードゥ イッセイ ピュア ネクター ド パルファム」になっている。

ピンクゴールドのボトルは、水のもっとも本質的なかたちであるしずくをイメージ。まるでローズの蜜が光を放っているかのようなピンクゴールドも妖艶で優美な佇まいを演出している。

■ロードゥ イッセイ ピュア ネクター ド パルファム 30ml 8,300円+税/50ml 12,100円+税/90ml 14,300円+税
2018年3月14日発売

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。