体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カーリング女子、藤澤五月が「悪女のような石に…」スポーツジャーナリスト・生島淳が解説

カーリング女子、藤澤五月が「悪女のような石に…」スポーツジャーナリスト・生島淳が解説
J-WAVEで放送中の番組「SUNRISE FUNRISE」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「FUTURE DESIGNERS」。2月25日(日)のオンエアでは、スポーツジャーナリスト・生島淳さんが登場。平昌オリンピックで最も印象に残ったという、カーリング女子の3位決定戦について解説してくれました。

韓国から戻ってきたばかりの生島さんは、「行ってよかった!」と一言。最も印象的だったという24日(土)のカーリング女子の3位決定戦は、「ラスト2投でカーリングの魅力を語れる」とのこと。

生島:最後の藤澤五月のストーンは、すごいミスで。イギリスのラストストーン、イブ・ミュアヘッドが2つ出すのは、簡単なショットなんです。イギリス解説者が「100本中99本は決められるショットだ」と言うほど。なぜ藤澤がミスしたのかというと、「欲望と誘惑」がそこに出たから。藤澤のミスショットは、悪女のような石に化けて「銅メダル獲れますよ」という誘惑をしたんです。クリアに道筋も見えて「絶対に私、銅メダルだ」という欲望が、あそこに湧いてきて。(中略)カーリングってわからない。藤澤はミスして誘惑したから銅メダルになったんです。

生島さんにカーリングを教えてくれた師匠は「カーリングで大切なのは、相手がミスしたときに感情を表さないこと」だそうで、試合後の日本代表選手について「勝って、呆然としていましたよね。笑顔も浮かべず。手袋を取って右手で握手するのがカーリングの礼儀。それをやったところにグッときましたね」と振り返りました。

トーク後半では、女子フィギュアについて語りました。

生島:エフゲニア・メドベージェワとアリーナ・ザギトワは格が違った。あと、ケイトリン・オズモンドというカナダの選手は、「人間って氷の上でこんなにジャンプできるんだ」って思わされましたね。(中略)宮原知子も模範解答をやりきって合格したという最高の出来。報われてほしいなと思いましたけど、ザギトワが出てきて……。(中略)人知を超えたイタズラのような差で。採点競技の残酷さを改めて浮かび上がらせたと思います。

平昌五輪は終わってしまいましたが、それぞれの競技の今後に注目したいですね。

次回3月4日(日)のオンエアでは、J-WAVEナビゲーターでもある女優・杏さんが登場。3児の母親となっての環境や働き方の変化について伺います!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SUNRISE FUNRISE」
放送日時:毎週日曜6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sunrise/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。