体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レポート】銀座、4つのビルで北海道十勝を味わえる 「とかちーずまつり」がいま旨い!

急いで! 銀座の4つのビルで、北海道・十勝のチーズをふんだんに使った限定メニューが10日間で終わっちゃうから―――。

銀座ベルビア館、ギンザ・グラッセ、銀座トレシャス、ニッタビルの4施設にあるレストラン14店舗で、3月11日まで「とかちーずまつり」が開催中。

18種類のチーズをもとに開発した、オリジナルのチーズ料理34品を体験できる注目の食イベントに、「これは行くしかないっしょ」ってことで、十勝の農家がつくったチーズと、銀座で名高いシェフたちがコラボしたメニューを試してきた。

今回、銀座に上陸した北海道・十勝産のチーズブランドは、共働学舎新得農場(新得町)、NEEDS(幕別町)、乳life(大樹町)、十勝野フロマージュ(中札内村)の4つ。カマンベール、ラクレット、コバン、カチョカバロ、モッツァレラなど、18種類のチーズが上陸。

今回、「とかちーずまつり」に参加するレストランと、そのコラボメニューは、公式パンフレットで確認してもらうことにして、実食してきたメニューのシズル感をチェックしてみて。

ギンザ・グラッセ「ぴょんぴょん舎 GINZA UNA」

ギンザ・グラッセ「ぴょんぴょん舎 GINZA UNA」では、チーズ明太子石焼ビビンパ、チーズタッカルビ、チーズカニ海鮮チヂミを試す。

チーズ明太子石焼ピビンパ(1404円)は、チーズ、明太子、ご飯を熱々の石鍋のなかで混ぜ合わせ、ドリア感覚で。

チーズタッカルビ(1620円)は、にんじんやブロッコリー、さつまいもなどがゴロゴロはいる鉄板の上で、「大地のほっぺ」なるチーズがトローッ。どれも、「熱っ」っていいながらとろけたチーズといっしょにいただくと、GOOD。

銀座ベルビア館「Ristorante F effe」

あの小林幸司氏がエグゼクティブシェフを務める Ristorante F effe(リストランテ エッフェ)は、「生ハムで巻いた茸の煮込みとモッツァレラチーズのビニエ」(1300円)と、「カチョカバロとナッツをはさんだラディッキオロッソのオーブン焼」(1300円)を。

濃厚なサルサベルデソースがかかるビニエは、カリッと揚げた衣のなかで、素材とチーズが絡み合う一品。少し苦味のあるラディッキオロッソのオーブン焼は、深い味わい。これまたワインがすすむ……。

今回、この「とかちーずまつり」に参画した小林シェフは、「ぼくは、料理人は加工業と自負している。だから、チーズだけをそのまま出すことはしない。あくまで原材料としてチーズを買って、加工して手間賃をもらうことがぼくの仕事。シチュエーションに合わせて、ひと皿を選んでほしい」とコメントしていた。
―――さて、この「とかちーずまつり」。手がけたのは、三井不動産商業マネジメント。

同社は「都内ではほとんどお目にかかれない希少な18種の十勝産チーズの中から、あのイタリアンの鬼才・小林幸司シェフをはじめ、各店のシェフが厳選。チーズに合った料理を考案しラインナップに。『ここでしか食べられないオリジナルのチーズ料理』をぜひ試してみて」と伝えている。GINZA(ギンザ) No.201803
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。