体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ツーリングの醍醐味は、走ることと食べること!! 美しすぎる女性ライダー岡崎静夏に聞いた、女子大生に伝えたい「バイク」の魅力。

岡崎静夏さん 岡崎静夏さん「ジェルネイルにハマってるんですが、レースの時は邪魔になっちゃうことがあるんで全部落とすんですよね。結局、バイク中心の生活です(笑)」

こんな女性ライダーならではのエピソードを語ってくださったのは、国内外のロードレースで活躍中の女性ライダー:岡崎静夏さん。”美しすぎる女性ライダー”としてメディアでも取り上げられている岡崎さんのように、オシャレなウェアを身にまとって颯爽とツーリングを楽しむ女性ライダーも増えました。大学生の私には関係ない…と思ったみなさん。実は、維持費も安くて気軽に乗れるバイクこそ、女子大生にぴったりの乗り物なんです。今回は、女性ならではのバイクの魅力について岡崎さんにお話を伺いました。

車の免許で乗れる原付バイクならお財布にもやさしい

 

まずバイクの種類について簡単に説明します。バイクは排気量によって「原付(50cc以下)」「原付二種(51cc~125cc)」「中型( 126cc~400cc)」「大型(401cc~)」で分けられ、免許を取って運転することになります。大型は18歳からですが、他のクラスは16歳から免許取得が可能で、教習や合宿に通って取得するのが一般的です。車種や年式に応じて金額は様々ですが、排気量が多い車種ほど本体価格に加えて、保険や税金などの維持費も高くなります。

では、女子大生のみなさんが乗るならどれくらいのバイクがいいのでしょうか。大きいバイクがかっこいいと思われる人もいるかもしれませんが、女性が慣れないうちから大きいバイクに乗ってしまうと疲れて乗らなくなる原因になってしまうと岡崎さんは言います。まずは小さいものからでいいので、自分の体に合ったバイクで運転に慣れることから始めてください。250cc以下のもの(原付~中型)が、金額的にも女子大生には手頃でしょう。

また、小さいバイクのメリットとして250cc以下のバイクには車検が要らないという点もあります。251cc以上(原付2種)のバイクは2年ごとで車検を通さなければなりません(新車で購入した場合、最初の車検だけ3年後で、その後は2年ごと)。1回の車検で、4〜6万円ぐらいはかかりますから、車検のない250cc以下のバイクの方がお金の面でもやさしいでしょう。中でも、50cc以下の原付なら、自動車の免許で運転することができるので、教習に通う時間とお金もカットできます。車に比べて燃費もよいので、お財布にもやさしいです。岡崎静夏さんSONY DSC

操作を楽しむか、手軽に乗るか

 

自動車と同じで、クラッチを握ってギアを変えるトランスミッション車(MT)と自動でギアが変わるオートマチックトランスミッション車(AT)がバイクにもあります。どういった違いがあるんでしょうか。

【トランスミッション車(MT)】

操作を楽しみたいという人にはこちらがおすすめです。ブレーキアクションだけでなく、レバーやペダルを使ったクラッチ操作でギアチェンジを自分で行ったり、エンジンの回転を利用して速度を落とす「エンジンブレーキ」を利用したりしながらの運転は、MT車特有の楽しみです。岡崎さんも、細かいブレーキングなどを試しながら走ることでテクニックを日夜楽しく磨いているのだとか。

【オートマチックトランスミッション車(AT)】

アクセルを回すだけで走れるので、簡単・便利に乗りたいという人にはいいでしょう。クラッチ操作もないので、クラッチ操作やギアの選択を誤ったときに起こる「エンジンストップ」の心配も少ないです。小さくて乗りやすい原付スクーターだけでなく、ビックスクーターと呼ばれる大きなものもあります。座席の下など、荷物をしまえる収納がついている車種がほとんどなので、買い物好きの女子には喜ばれるでしょう。可愛いデザインのものも充実してきたのでオシャレ好きな女子はぜひ自分好みの車種を見つけてみてください。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。