体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

わずか2カ月限定で新発売!『きゅうりのキューちゃん 梅こぶ味』を発売前に食べてみた!

発売から50年以上愛され続けている食卓の定番「きゅうりのキューちゃん」。新発売の『キューちゃん梅こぶ味』と共に、メダリスト高梨沙羅選手のCMも新シリーズを公開中だ。

 

期間限定シリーズ第7弾!『キューちゃん梅こぶ味』は3月発売!

東海漬物株式会社(愛知県豊橋市)が製造・販売する漬物ブランド「きゅうりのキューちゃん」は、1962年(昭和37年)発売。かつて漬物といえばたくあんやぬか漬けが定番だったが、きゅうりの醤油漬けという斬新な漬物を世に提案・定着させることになったロングセラーブランドだ。

キューちゃん公式サイトはこちら

そんな「きゅうりのキューちゃん」は2012年(平成24年)に発売50周年を迎え、ひとまわり小さな「こつぶキューちゃん」の発売をはじめ、ブランド拡張品である期間限定商品第1弾「キューちゃんゆず胡椒味」など様々なおいしい新商品を展開! パリポリっと音までおいしいキューちゃんならではの個性はそのままに、次々と新しい味わいを提案している。

パッケージではうどんに乗せる食べ方を提案!

このたび新発売の『きゅうりのキューちゃん梅こぶ味』(90g・希望小売価格 税込143円)は、2018年3月・4月限定で店頭に並ぶ新商品! 全国きっての梅の産地・紀州産(和歌山県)の梅酢を使用し、さらには北海道産の厳選昆布を使用。白いご飯にはもちろん、うどんなどの和食にもマッチする新風味らしい。

 

『キューちゃん梅こぶ味』はどんな味?実際に食べて、味わいを確かめてみた!

今回、発売前に特別に『きゅうりのキューちゃん梅こぶ味』を入手。実際に食べてみて、その味わいをいち早くチェックしてみる。

 

まずは定番の食べ方である、白いご飯×キューちゃん。お皿に『キューちゃん梅こぶ味』を出してみると、ノーマルのキューちゃんと見た目はほとんど変わらない。

見た目は、普通のキューちゃんと変わらない。

違いに驚くのは、見た目よりも香り。梅がふわりと香りかなり食欲をそそられる! 爽やかな梅と梅酢のすっぱい香りが、お店で出てくるお漬物のような上品な印象だ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。