体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現在9ヶ月!毎月更新されていく“できること”を楽しんでいます

f:id:akasuguope01:20170918115016j:plain

生後9ヶ月くらいになると、その子その子で出来ることの幅は随分変わってくるのではないでしょうか。

ズリ這いが出来る子、ハイハイが出来る子、伝い歩きができる子など、成長のスピードには個性があると思います。

うちの長女は、平均より少し早めに色々と出来ることが増えているように思います。

まず、4ヶ月後半でお座りができるようになり、短い時間ですが座って手を前についてニコニコしていました。ですが、この時点ではまだ寝返りの気配すらなかったです。

6ヶ月ではしっかりと座って、手を使っておもちゃで遊んでいました。ですが、まだまだ振り返る時に後ろにこけたりするので目は離せません。

この頃やっと寝返りがすんなり出来るようになりました。

7ヶ月にはハイハイや、ズリ這いよりも先につかまり立ちをし、景色の違いに喜び、感動し、雄叫びをあげながら大興奮していました。

そして「バイバイ」という芸も覚え、両手を上下にバタバタさせジジババをメロメロにしていました。

関連記事:9ヶ月ベビー。まだまだ先だと思ってたのに、初つかまり立ちの瞬間を見逃した〜!

8ヶ月に入る頃には日々筋トレです。

テーブルでつかまり立ちをしたかと思えば、しゃがんでは立ち、しゃがんでは立ちのエンドレス。

おもちゃで遊んだ方が楽しいだろうにと思いおもちゃを渡すと、今度はテーブルから片手を離し、しゃがんでおもちゃを取り、テーブルに置き、自分で落とし、またしゃがんでおもちゃを取り、テーブルに置きのエンドレス。

この頃から少しずつですが、ハイハイができるようになってきました。パチパチも出来るようになり、手のひらを拍手するように合わせ、音を出して遊び始めました。

現在9ヵ月のうちの娘は、つかまり立ちから手を離し、少しなら立てます。そして若干伝い歩きもします。

最近はハイハイを研究しているようで、下を向いてハイハイすると早く動けると思ったのか、目標が決まると下を向いて全速力でハイハイをしています。

そしてよく壁などの障害物にぶつかっては、ギャーギャー文句を言っています。

成長のスピードは環境や個性など、その子その子で大きく違ってくると思います。

兄妹でも、できることできないことが同じ月齢の時でも全然違っていたので、2人目ですが日々初々しい気持ちで、成長を楽しめています。 関連記事:遊びたい!皆と同じものが食べたい!可愛い盛りの9ヶ月の赤ちゃん

f:id:akasuguope01:20170918115055j:plain

著者:ゆち

年齢:32歳

子どもの年齢:8歳、9ヶ月

早生まれで暴れん坊将軍な8歳の息子と、暴れん坊副将軍な9ヶ月の娘の母です。日々子供達と激しい戦を繰り広げながら気づけば寝る時間という毎日を過ごしております。最近では落ち武者のようにはげてしまうのでは?と思うほどの抜け毛に悩まされておりますが、持ち前のポジティブシンキングで現実逃避をしております。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「私一人で悩まなくても大丈夫なんだ」強い安心感をもらえた、言語聴覚士さんとの初面談 by ユーラシア
発語が遅めの末っ子。1歳5ヶ月の健康相談で言葉の遅れを指摘され…
9ヶ月ベビー。まだまだ先だと思ってたのに、初つかまり立ちの瞬間を見逃した〜!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。