体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏の福岡を楽しむイベント・観光スポット10選

夏の福岡を楽しむイベント・観光スポット10選

夏の福岡には思わず行きたくなるスポットが数多くあります。イベントごとも多く、夏の福岡はどこか活気があるので、楽しむにはうってつけの場所だと言えるでしょう。

今回は、夏の福岡で楽しみたいイベント、お食事、観光スポットなどをご紹介したいと思います。

*編集部追記
2015年7月公開の記事に、新たに3スポットを追加しました(2018/3/1)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

福岡に行ってみての感想

photo by pixta

福岡は、九州地方の中でも特に人気の高い旅行先です。福岡といえば、「博多ラーメン」「もつ鍋」「明太子」などおいしいグルメを連想する方が多いと思いますが、福岡の魅力はそれだけではありません。

奈良時代から続く寺社仏閣、美しい絶景、おしゃれな商業施設など、遊び方がたくさんある福岡は、老若男女どんな方にもおすすめできる観光スポットです。

私が福岡を訪れたのは春で、気温はすでにポカポカと暖かく、非常に気持ちが良かったです。世界的にも有名な絶景観光スポットは「河内藤園」を目的に行ったのですが、22種類の藤が頭上で咲き乱れる様はまさに圧巻でした。

春は藤、夏は様々なイベント、秋は紅葉、冬はグルメの旅と、いろいろな楽しみ方ができる福岡は、旅行先として非常におすすめです。

 

ベストスポット

photo by pixta

私がおすすめするのは、関門海峡エリアの中でも一際注目を集める場所・門司港レトロ地区です。

ここは古くから大陸貿易の要所となっていた場所で、門司港駅、旧門司税関、旧門司三井倶楽部など、当時の趣を残す建造物が立ち並び、まるでタイムスリップしたかのような気持ちになれます。

トロッコ列車やミニクルーズ、レトロな気分を楽しめるレンタル着物や、雑貨・お土産探しもできるとあって、1日中いても飽きない場所です。夜のロマンチックなイルミネーションは、カップルにも人気ですよ。

 

1.博多祇園山笠

5408424223_d1eb380550_o

photo by  Katrin Lorenzen

博多の夏が最もアツくなるのが、この博多祇園山笠開催期間中です。期間中は博多を中心にして、迫力ある山笠が福岡市内各所に登場します。

祭りの最終日の早朝には、担ぎ手たちが、大太鼓の合図と共に舁き山を担いで博多の街を全力疾走し、盛り上がりが最高潮に達します。
■詳細情報
・名称:博多祇園山笠(はかたぎおんやまかさ)
・住所:福岡県福岡市
・公式URL:http://www.hakatayamakasa.com/

 

2.門司港レトロ地区

6177497526_3cbc711cfd_b

photo by   sunxez

北九州市にあるこの地区は、古くから大陸貿易の要所となっていたところです。当時の雰囲気そのままに復元を行い、歴史を感じられるスポットとして静かな人気を集めています。

夏の太陽が降り注ぐ港湾の情景は素晴らしく、夕日の沈みゆく港湾の様子は絵になります。
■詳細情報
・名称:門司港レトロ地区(もじこうれとろちく)
・住所:福岡県北九州市門司区
・アクセス:JR小倉駅から門司港行きの電車で15分
・公式URL:http://www.mojiko.info/

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。