体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この写真、ある要素が「ジブリの世界」を表現している。

この写真、ある要素が「ジブリの世界」を表現している。

日本の文化が大好きというフォトグラファーのDavide Sassoさん。とくに、「宮崎駿監督のジブリのアニメーションが大好き」だといいます。

そんな彼を、私は、「アニメが好きだから日本も好き!」という他の外国人たちと重ねてしまい、初めは特別な印象を持つことはありませんでした。

けれど、彼がジブリのアニメを好きな理由を聞いて、その思いは変化していったのです。

「彼(宮崎駿監督)の作品には、ファンダジーの要素が多いけれど、舞台は現実の世界にあります。僕が、自分の作品を通してトライしようとしていることは、まさにそれです。現実の世界を、まるで非現実的な世界のように見せることなんです」

実際に、彼の作品を見てみると、「ココは一体どこ?」となんだか不思議な気持ちになります。写真一枚で魅せる独特な世界に、思わず引き込まれてしまいそうです──。

ちょっとだけ、覗いてみよう。

この写真、ある要素が「ジブリの世界」を表現している。この写真、ある要素が「ジブリの世界」を表現している。この写真、ある要素が「ジブリの世界」を表現している。この写真、ある要素が「ジブリの世界」を表現している。この写真、ある要素が「ジブリの世界」を表現している。この写真、ある要素が「ジブリの世界」を表現している。

どうですか?

私はというと、「地球上のどこに、こんな景色があるんだろう?」と、思いふけてしまいました。

Davideさんによると、ここで紹介した写真はすべてイタリアで撮影したものだということです。彼がつくりあげた世界観に、見事どっぷりハマったのでした。 【TABI LABOのsarahahができました◎】 ・TABI LABOでこんな記事が読みたい
・こういう記事が好き
・何か聞きたいこと、伝えたいこと などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ!Licensed material used with permission by Davide Sasso

関連記事リンク(外部サイト)

この写真の裏に隠されたフォトグラファーの「怒り」。
地上からは絶対に見れない「雲のうえの世界」
【鈴木心】スタイルを持たない写真家が、社会をアップデートする

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy