体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

召し上がってたもんせ!「西郷丼」を西郷の血を引くライターが食べてみた

召し上がってたもんせ!「西郷丼」を西郷の血を引くライターが食べてみた

 大河ドラマ「西郷どん」が話題ですが、その主人公である西郷隆盛ゆかりの地、鹿児島県霧島市の食材を使った期間・数量限定メニュー、その名も「西郷丼」というものが東京・大手町で食べられるという話を聞きました。実は筆者、母親が西郷家の出身でこの話は興味津々。さっそく詳しい話を聞いてきましたよ。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 やってきたのは東京・大手町にある鹿児島県霧島市の食材を使った和食のお店、膳菜酒「塁」。霧島市は、西郷隆盛がたびたび湯治に訪れた日当山(ひなたやま)温泉などがある、「西郷どん」ゆかりの地です。大河ドラマ「西郷どん」で鹿児島に興味を持ってくれた方に、西郷隆盛ゆかりの地である霧島市の豊富な食材をぜひ味わってもらいたい!ということで、このメニューが誕生したそうですよ。

 海も山もある霧島市の食材は、黒豚や黒酢など「黒」がつく食材が名産。なので「黒」をフィーチャーしつつ、山のもの(畜産物)と海のもの(水産物)、2種類をそれぞれ主役にしたメニューを考案したそうです。それぞれの名前は「霧島ブラック西郷丼(せごどん)・山」と「霧島ブラック西郷丼(せごどん)・海」。どちらも税込1000円です。

 実際に作っていただいたのですが……まず山の丼がどーん!

 そして海の丼もどーん!どちらもかなり豪勢な見た目。量もたっぷりです。

 それでは「霧島ブラック西郷丼・山」の方から味見して見ましょう。霧島市が誇る黒豚「霧島ロイヤルポーク」の肩ロースを使ったとんかつと、バラ肉を使った味噌炒め。霧島ロイヤルポークは、いわゆる六白黒豚(四肢の先と鼻、そしてしっぽが白い)と呼ばれる由緒ただしきバークシャー種の純粋黒豚を通常より長い肥育期間である35週かけて、肉の旨みをより高めたプレミアムな黒豚。赤身の旨みと脂の甘みが調和した味わいが特徴だとのこと。


 とんかつが柔らかなヒレでなく、ロースになっているのは、この脂の甘みを味わってもらいたいからなんですね。

 そして脂の甘みを一番感じられるのはバラ肉。これを味噌炒めにしていますが、なぜ味噌かというと、西郷隆盛は味噌作りが得意だった……というエピソードに即したもの。ご飯が進むように、使っている味噌は赤味噌で、さらにピリッとした唐辛子がアクセントになっています。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy