体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手切りでカットしたハンバーグ「和牛贅沢ハンバーグ≪梅≫」

2月27日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分~)では、進化するハンバーグを徹底調査するコーナーで、「和牛贅沢ハンバーグ専門店・翔山亭」(東京都新宿区)が紹介された。

同店は、東京メトロ南北線の飯田橋駅B4b口から徒歩3分ほどの場所にある黒毛和牛100%のハンバーグ専門店。店内はカウンター席のみとなっている。

番組では、お店のメニューとして「和牛贅沢ハンバーグ≪梅≫」(1,080円)が紹介された。
「和牛贅沢ハンバーグ≪梅≫」は1日に30食以上売り上げる看板メニュー。ハンバーグは黒毛和牛の中でも濃厚な部位を厳選して作られたそうだ。このハンバーグは肉感をしっかり出すために包丁で手切りで大きめにカットしているそう。こうすることで肉汁が残り噛んだ瞬間うま味が溢れ出すそうだ。その後さらにスチームオーブンで12分ほど焼き、備長炭で炙ることで表面はカリカリ、肉汁をとことん閉じ込めるハンバーグとなるそうだ。

お店オススメの卵黄ダレに付けて一同が「和牛贅沢ハンバーグ」をいただくと「すごい。噛んだ瞬間にもう香りが広がる。噛めば噛むほどだんだん口の中がハンバーグ一色に染まっていく。卵黄ダレとすごく絡んでとても相性が良い」「本当に食感がしっかり歯ごたえがあって噛むのが楽しい。噛めば噛むほど美味しさが出てくる」とコメント。続いてハンバーグをご飯の上に載せてその上から出汁をかけてお茶漬け風にして食すと「全然違う!あっさりいただける!お出汁がハンバーグとすごく合う。まさにシメにピッタリのハンバーグのいただきかたですよ」と絶賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:和牛贅沢ハンバーグ 翔山亭(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:神楽坂のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:洋食・西洋料理のお店紹介
ぐるなび検索:神楽坂×洋食・西洋料理のお店一覧
手切りでカットしたハンバーグ「和牛贅沢ハンバーグ≪梅≫」
雲丹を使った贅沢なハンバーグ

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。