体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】Aimer、アニメ『恋は雨上がりのように』EDがアニメ・チャート初登場首位

【ビルボード】Aimer、アニメ『恋は雨上がりのように』EDがアニメ・チャート初登場首位

 “JAPAN Hot Animation”の3月5日付チャート(集計期間:2月19日~2月25日)は、Aimerの「Ref:rain」が初登場で首位を獲得した。

 「Ref:rain」は、現在フジテレビ“ノイタミナ”にて放送中のTVアニメ『恋は雨上がりのように』のエンディング・テーマとして書き下ろされた楽曲。ダウンロードとルックアップで1位、ラジオの再生回数とストリーミングで3位、セールスと動画の再生回数で4位、Twitterで5位と均衡のとれたポイントを積み上げ、チャートを構成する全指標で高順位をマークしている。アニメ『夏雪ランデブー』やTVアニメ『BLEACH』のエンディング・テーマ、『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』の主題歌を担当しており、アニメファンからも高い評価を得ているAimerのタイアップだが、アニメのテーマに寄り添って書き下ろされた今回の楽曲も音楽×アニメが好相性であることをしっかりと示す結果となった。

 続く2位にチャート・インしたのは、先週から大幅にジャンプ・アップした星野源の「ドラえもん」(『映画ドラえもん のび太の宝島』主題歌)。楽曲の解禁以来、Twitterとラジオの再生回数で2位以下を大きく引き離していたが、『ドラえもん』の世界観を活かしたミュージック・ビデオが先日公開され瞬く間に再生回数を伸ばし、動画再生回数のポイントはこれまで同指標を堅守してきた「打上花火」に対しダブル・スコアをつける形で1位を獲得した。そして2月28日がパッケージのリリース、3月3日が映画の公開となっているため、次週以降さらに「ドラえもん」旋風は加速していくと思われる。

 また、DISH//の「勝手にMY SOUL」(TVアニメ『銀魂 銀ノ魂篇』オープニング・テーマ)が3位にチャート・イン。総合では3位に留まったものの、セールスのポイントではi☆Risの「Memorial」(TVアニメ『アイドルタイムプリパラ』オープニング・テーマ)を抑え1位を獲得している。

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「Ref:rain」Aimer
2位「ドラえもん」星野源
3位「勝手にMY SOUL」DISH//
4位「ウルトラブラスト」ST☆RISH
5位「THE GENESIS」Eden
6位「打上花火」DAOKO×米津玄師
7位「ワルキューレは裏切らない」ワルキューレ
8位「Hope」安室奈美恵
9位「Memorial」i☆Ris
10位「ここから、ここから」玉木マリ(CV:水瀬いのり)、小淵沢報瀬(CV:花澤香菜)、三宅日向(CV:井口裕香)、白石結月(CV:早見沙織)

関連記事リンク(外部サイト)

3月5日付Billboard JAPAN Hot Animation
【ビルボード】『うたプリ』ST☆RISHがアニメ・チャート首位 セールス/Twitterで他を寄せ付けない強さを見せる(※2/21訂正)
Aimerら、澤野弘之のワンマンライブにゲストヴォーカル11名が決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。