体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジャネール・モネイ、新作に故プリンスが関わっていたことが明らかに

ジャネール・モネイ、新作に故プリンスが関わっていたことが明らかに

 ジャネール・モネイが、2018年4月27日にリリースされるニュー・アルバム『ダーティー・コンピューター』に、故プリンスが関わっていたことを複数の媒体で明かしている。

 ジャネールとプリンスは少なくとも2010年から面識があり、お互いに尊敬し合っていた。彼女は2010年の【BETアワード】で<生涯業績賞>を授与されたプリンスのためにパフォーマンスを披露し、その後も彼が彼女の「Q.U.E.E.N」をリミックスしたり、2013年のアルバム『ジ・エレクトリック・レディ』にフィーチャー・ゲストとして参加したりしている。プリンスの死後、2016年の【BETアワード】でもジャネールはトリビュート・パフォーマンスを披露した。

 ニュー・シングル「メイク・ミー・フィール」をリリースしたばかりの彼女はBBC Radio 1とのインタビューで、「プリンスが別の周波数に旅立ってしまう前、実は私のアルバムに取り組んでくれていた。サウンドを考えるのを手伝ってくれていたの。彼がいなくてすごく寂しいし、彼について話すのは辛い。会いたくてたまらないけれど、彼の精神はずっと私と共にあるわ」とコメントしている。

 英ガーディアン紙とのインタビューでは、「プリンスがいなかったら、自分という人間に今ほど満足していなかった。自分のレーベル<ワンダランド>もペイズリー・パークが先になければ存在しなかった。こう言うと多分プリンスに口が悪いって叱られるだろうけど、彼は“自由なマザ○ァッカー”とでも言うべき部類だった。この部類の人たちはお互いが“自由なマザ○ァッカー”であることを見抜けるの。口が悪くてもそうでなくても、他の“自由なマザ○ァッカー”が分かる。デヴィッド・ボウイ!自由なマザ○ァッカーね。彼らの精神を感じるし、エネルギーを感じる。彼らは進化することができた。そういう自由を彼らから感じることができたの」と語っている。

関連記事リンク(外部サイト)

グライムス 自ら監督/編集を務めジャネール・モネイをフィーチャーした「Venus Fly」MV公開
オバマ主催のBBQでケンドリック・ラマーとジャネール・モネイがパフォーマンス披露
アカデミー裏でのチャリティ・イベントにジャネール・モネイら出席、15万ドル以上集める

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。