体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

男子高生ミスターコン2016グランプリ、本田響矢さんインタビュー「夢を叶えるなら1日でも早く動くこと」

男子高生ミスターコン2016グランプリ、本田響矢さんインタビュー「夢を叶えるなら1日でも早く動くこと」 本田響矢 本田響矢

日本で一番イケメンの高校生を決定する「男子高生ミスターコン」で2016年グランプリを受賞した本田響矢さん。現在はモデルやイベントなどの仕事で活躍し、俳優を目指しています。福井県の“普通”の高校生が、わずか1年半で人生が激変し、新たな夢を追い続けている本田さんの仕事観や今の思いを聞いてみました。

 

まったく乗り気じゃなかったけれど合格するにつれて気持ちが変化

本田響矢

――「男子高生ミスターコン」に応募したのは、やはり昔から芸能界に興味があったのでしょうか?

実は僕が応募したのではなくて、中学の同級生が「本田ならいける」と勝手に応募したんです。僕自身は小学生3年生から始めた剣道にずっと夢中で、モデルや芸能界の仕事なんて考えたこともありませんでした。

――よくある「友達が応募したらイケちゃった」ってヤツですね。

僕はかなり抵抗したんですよ(笑)。書類審査で写真を送らないといけなくて、自撮りなんて恥ずかしくてしたこともないし、そもそも芸能界に興味もないし。でも、友達がものすごく強引で。今になればかなり感謝しているんですけれど。

――そんな乗り気じゃない状態で、どんどん合格していくわけですよね。

合格すると今度は名古屋で面接があったり、東京で審査があったりとどんどん進んでいっちゃうんです。この頃になると、周りの友達も「頑張れ」と応援してくれて。でも、一番大きかったのは剣道部の先生に相談したら「お前の進みたい道へ進め」と背中を押してくれたことです。僕、剣道のスポーツ推薦で高校に入学しているので、部活以外のことに時間をかけるのが申し訳ないと思っていたので。

――剣道部の先生から後押しされたことで、本気になったんですね。

やっぱり合格するとうれしいですし、これまでに経験したことがない世界が見えてきてワクワクしてきたんです。僕、福井県出身なんですが、東京なんて行ったこともないし憧れの街でしたから、その東京で撮影してもらうなんて刺激的で。

――実際にグランプリを受賞して事務所に所属しましたが、芸能界の道に進むことに迷いはなかったですか?

まさかグランプリを受賞できるなんて思ってもみなかったので嬉しくて、迷いはありませんでした。ただ、2016年の12月に受賞して、翌年の4月までは月~木曜は授業と部活、金曜は学校の後に東京に来て、土日でお仕事して月曜からまた学校というスケジュール。これがかなり大変で、2017年の5月に東京の学校に編入してひとり暮らしを始めました。

――人生が激変ですね! 初めての東京に初めてのひとり暮らし!

そうなんです。でも案外、ひとり暮らしできちゃいました(笑)。掃除も洗濯もわりと好きですし。ただ、自炊だけが自信がなくて外食中心になっています。

――ひとり暮らしだけでなく、本格的に仕事を始めて大変なことはありますか?

雑誌の撮影のとき、1ページの撮影で何度も着替えたり、真夏に冬服を着て汗だくで撮影したりと予想以上に大変だとは思いました。これまで何気なくなく読んでいた雑誌ですが、撮影現場では、こんな苦労があるなんてと知りました。

――でも、本田さん、最初は自撮りも嫌だなんて言っていましたが…。

それが慣れちゃうんですよ(笑)。最初、撮影スタジオに入ったとき大きな照明やカメラマンさんを見て「すごい! ドラマで見たことあるヤツだ!」なんて緊張していましたけど、少しずつ慣れてきて。今は写真を撮られるのは好きになりましたし、自撮りもできちゃいます(笑)。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。