体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人や動物の“いい表情”だけを撮るGoogleのAI搭載小型カメラ「clips」発売

Googleが、人工知能や機械学習をフル活用した設置型の小型カメラ「Google clips」を発表したのは昨年10月のこと。それから約4カ月、満を持しての発売となった。

グーグルストアの他、米国ではBest BuyVerizonなどで販売され、価格は249ドル(約2万7000円)。

・シャッター操作はカメラにお任せ

小型カメラというと、ライフログカメラだったり、セキュリティカメラだったりを連想する。しかし、Googleいわく「スマートカメラという新しいジャンルのもの」とのこと。

というのも、基本的にユーザーはカメラを設置するだけ。シャッターはすべてカメラにお任せで、操作しなくても自動で被写体のいい動き、いい表情だけをとらえてくれる。

・ペットや子どもの日常撮影に

これを可能にしているのが、人工知能や機械学習。被写体を正確に認識し、どの顔がいい表情なのか、数ある動きの中でどれを残すべきなのか、といったことを判断できるのだ。

clipsにはボタンが一つあり、ここを押してマニュアル撮影も可能。そしてもちろん撮影したものはスマホで閲覧できる。

・連続3時間撮影

想定される使い方としては、犬や猫といったペットや、小さな子どものさりげない日常の撮影だ。何枚撮っても飽き足らない、誰かと映像や写真をシェアしたいという人を満足させてくれること間違いなしだ。

スペックとしては16GBのストレージを搭載し、フル充電すると連続3時間の撮影が可能。子どもやペットのいい写真を撮ろうと追いかけ回している人は使わない手はないかも?

Google store

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。