体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

真っ暗闇の交通事故現場で警察のドローンが人命救助に貢献

最近、ドローンが人気だ。飛行操作を楽しみながら撮影もするという娯楽的な使い方がある一方で、輸送やパトロールなど我々の生活を支える活用法も増えてきている。

そんななかイギリスから、警察のドローンが人命救助に貢献したというニュースが届いた。暗闇の交通事故現場で、上空からサーマルカメラで倒れた人の位置を割り出し、素早い救出につながった。

・田舎町での未明の事故

事故が起こったのは2月25日の未明。場所はロンドンから北に210キロメートルほど行ったところにあるグリムズビーという田舎町だ。男性が運転する車がひっくり返り、目撃者によると男性は車から歩いて離れたという。

通報を受けてすぐさま現場に駆けつけた警察が、周辺を歩いて男性を探すと同時に、上空からのドローン捜索も展開した。

・溝の底に男性発見

ほどなくして、ドローンは搭載するサーマルカメラで、車から約160メートル離れたところに人の存在を確認。そのポイントまで警官を誘導した。

その結果、深さ180センチほどある溝の底に、意識を失って倒れている男性を発見したのだという。

警察によると、その日はかなりの冷え込みで、一刻も早く男性を探し出さなければ低体温症になり、生命の危機につながる可能性があった。幸い、救出された男性は命に別条はなかった。

・ヘリより早く現場到着

地上での捜索が難航する場合は、航空警察局に出動を要請することがある。しかし、実際にヘリが現場に到着するまでには時間がかかり、ドローンの方がはるかに早く捜索を始められる。

イギリスの警察ではドローンを活用するところが増えてきているとのことで、今後もこうしたドローンによる救助のニュースは増えてくるのかもしれない。

Lincs Police Drones/Twitter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。