体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

遠隔消臭装置をつくって「気の利くナイスガイ」になろう!〜外装実装編〜

今回やること

どうもこんにちは、ナイスガイになりつつあるdotstudioのたくろーどんです。

前回の記事では遠隔消臭装置を動かすためのプログラムをNefry BTを使って考えました。

今回は、外装を制作して遠隔消臭装置全体を完成させていきたいと思います。

大まかに設計して実際に手を動かして作っていきましょう。

細かいパーツは3Dプリンターを使ってつくっていきますので、楽しみにしてください!

遠隔消臭装置をデザインする

まずは遠隔消臭装置をどのようなデザインにするか、ざっくり設計してみます。今回使用する消臭スプレーは、小林製薬の「消臭元スプレー」です。

本記事では消臭スプレーの寸法を基準に装置全体のデザインを決めていくので、お好みのスプレーの寸法に合わせてください。

3Dモデリングとは

外装デザインを考えるとき、紙で書きおこしてみるとイメージしやすいですが、今回はさらに3D CAD(Computer-Aided Design)ソフトを使って図面に起こしていきます。つまり、3Dでモデリングをしていこうということです。

手書きだと、複雑な立体をデザインしようと思うと三面図(モノを「正面」「横」「真上」で捉えた図のこと)が精いっぱいですが、モデリングできれば誰が見てもわかりやすい設計ができます。

今回の設計では、AutodeskからでているInventorという3D CADソフトを使用しました。なんと学生なら3年間無料で使えるという神ツールです(社会人のみなさん、ごめんなさい)。ただしInventorは、本格的な機械設計向きです。

簡単な3Dモデリングにチャレンジしたいという場合は、Autodeskからでているfusion360もおすすめです。こちらは、個人使用なら無償で使えるようです。

3Dモデリング基本の“き”

「3Dモデリングって難しそう……」と、思う人もいらっしゃると思います。ですが、基本の流れは至ってシンプルです。

「2Dでスケッチ」して「押し出す」というのが基本の“き”です。どの3Dモデリングのソフトでも、この流れが基本です。

たとえば、円柱をモデリングしてみるとします(画面はInventorの場合です)。

①「2Dスケッチを開始」をクリックし、描画する面を選択します。

1 2 3 4 5次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy