体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【長時間働く国ランキング】日本人は本当にワーカホリック?世界一働く国は?

日本人は本当にワーカホリック?実際に世界一働き者の国は、どこ?【ランキング】
一般的に日本人は「働き者」「ワーカホリック」として、知られています。私たち自身も「勤勉である」「働き過ぎかも」と自覚していますが、世界的にみてどうなのでしょうか。

OECD(経済協力開発機構)の2016年度データによる、「年間で最も長く働く国のベスト10」を見てみましょう。データにはフルタイムのみならず、パートタイム雇用者も含まれています。あわせて、ニューヨークで筆者が出会った各国民の特徴についても交えてお伝えします。

第10位. リトアニア(Lithuania)- 1,885時間/年間

日本人には馴染みが薄い国ですが、バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)のひとつ。旧ソ連支配下から独立した後、構造改革が進み、急速に経済が発展しました。人口300万人のリトアニアは、人口当たりの数学、科学、技術分野の大卒者の数が欧州連合の中で第1位。最新技術の主要分野はバイオテクノロジー、薬学、レーザー、IT、電気通信業。リトアニアのバイオテクノロジーは他の東欧・中欧の国々と比較して最も優れていると言われています。

第9位. イスラエル (Israel)- 1,889時間/年間

中東であるイスラエルがランクイン。起業家が極めて多い国であり、先進テクノロジーが発達しています。パソコンのプロセッサー「インテル」のCPUの8割はイスラエルで製造、Googleで検索するときに出てくる「サジェスト」機能、ネットワークのセキュリティ技術「ファイヤーウォール」、小型無人機ドローンなどはイスラエル発。先進分野の発達は、元々は軍事技術であったということです。

第8位. ラトビア(Latvia) – 1,910時間/年間

日本人は本当にワーカホリック?実際に世界一働き者の国は、どこ?【ランキング】
バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)は、リトアニア、ラトビアがランクイン。EUの中でも、経済の安定成長した国。財務省は女性のダナ・レイズニエツェオゾラ氏です。ビジネスでも政治でもトップ層にいる女性の比率が高いと言われます。ラトビアは保育園の環境整備など女性が活躍しやすい社会であり、人口200万人弱であること、第二次世界大戦で多くの男性が戦死し女性の活動が不可欠だったことが背景にあります。

第7位. ポーランド(Poland) – 1,928時間/年間

日本人は本当にワーカホリック?実際に世界一働き者の国は、どこ?【ランキング】
ヨーロッパの中でも「働き者」が多いと言われるポーランド。ニューヨークで出会ったポーランド人の印象は、時間に正確(遅刻をしない)、頭の回転が早く習得力に優れている、英語の上達も早い、骨惜しみをしないなどです。タイプはロシア人にやや似ていますが、議論好きなロシア人に比べると、控えめで地味な感じがします。筆者の印象ではファッションモデルの中で清楚な金髪美人は、ポーランド女性が多いですね。

第5位. ロシア(Russia) – 1,974時間/年間(同率第5位)

日本人は本当にワーカホリック?実際に世界一働き者の国は、どこ?【ランキング】
世界最大国のロシアは、第5位に。ロシア人は議論好きで賢く、弁が立ちます。とても論破など出来ません。男女共それほど愛想は良くありませんが(なぜか基本的に憂鬱顔)、テキパキとしています。

週末や休暇には、「ダーチャ」と呼ばれる郊外のセカンドハウスに出かけることが多いそうです。「ダーチャ」とは国から無償で分配された土地。小屋を建て、野菜や果物を自給自足するため家庭菜園に精を出すそうです。普段は現代的なロシアの若い女性も、週末は古典的なロシア娘に変身するとか。平日に仕事、休みの日は農作業。ロシア人は確かに働き者なのでしょう。

第5位. チリ(Chile) – 1,974時間/年間(同率第5位)

日本人は本当にワーカホリック?実際に世界一働き者の国は、どこ?【ランキング】
中南米の優等生と評されるチリ。中南米の中では貧富の差も小さく、比較的治安も良いそうです。一人あたりのGDP(国内総生産)は、中南米トップ。チリ人は真面目で働き者、ちょっとシャイと言われます。

第4位. ギリシャ(Greece) – 2,035時間/年間

日本人は本当にワーカホリック?実際に世界一働き者の国は、どこ?【ランキング】
ヨーロッパで労働時間が一番長いのは、ギリシャでした。筆者はギリシャに行ったことはありませんが、ギリシャ人が働き者であるのは納得です。ニューヨークのバーバーショップ(理容店)はギリシャ系が多いと言われ、筆者が長年通っている女性スタイリストはギリシャ人です。彼女は週に1日だけ休みで、朝から晩まで30年以上立ち仕事をしています。休みを取るのは、2-3年に一度ギリシャへ帰る時だけ。面倒見が良くて情が深い、愛すべき働き者です。

第3位. 韓国(South Korea) – 2,069時間/年間

日本人は本当にワーカホリック?実際に世界一働き者の国は、どこ?【ランキング】
アジアで唯一ランクインしているのは、韓国。熾烈な競争社会である韓国では、働き者でないと勝ち抜けないのかもしれません。公務員は土日休みで9-5時は日本と同じですが、一般企業勤務は9-7時が多いそうです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。