体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イースターに!“エッグハント”に使えるスイーツ3選

春を告げるお祭り“イースター”。もともとはキリスト教の復活祭だが、近年日本でも注目が高まっているイベントだ。そして、イースターといえば“エッグハント”。美しく色づけされたイースターエッグと呼ばれる卵をあらかじめ家の中や庭に隠しておき、家族で探しに行く、というもの。日本でもエッグハントを楽しむ人が年々増えているが、卵というよりイースター用のかわいらしいスイーツを探す、というファミリーが多いそう。そこで、エッグハント用のスペシャルパッケージが施されたオススメスイーツを3つまとめてみた。これからの準備の参考にしてほしい。ちなみにイースターの日は毎年変わり、今年は4月1日(日)とのこと。


1.ヴィタメールの「プランタンラパン」
ベルギー王室御用達チョコレートブランド「ヴィタメール」のイースターギフト。イースターのシンボルであるうさぎをモチーフにした卵型の可愛らしいパッケージの中に、アーモンドをチョコレートと砂糖でコーティングしたドラジェが入っている。エッグハントで使うのもよいが、ちょっとした春の贈り物にもおすすめ。価格は630円(税抜)。販売期間は3月16日(金)~4月16日(月)。


2.チロルチョコの「イースターカップ」
大人気・チロルチョコのイースター商品。40個入りのカップタイプで、オリジナルキャラのエッグタルトくんが描かれたデザイン。パッケージは色違いで2種類あり、味は、この商品限定の<エッグタルト>と<プリン>に定番人気の<コーヒーヌガー><ビス><ミルク><いちごゼリー>を加えた6種類。価格500円(税抜)で販売中。


3.ロッテの「ENJOY EASTER KAWAII」シリーズ
ロッテの人気商品であるシェアパックやパーティーパックなど、袋入りで小分けできる商品がイースターバージョンで登場している。それぞれイースターのシンボルであるタマゴやウサギをモチーフに、“カワイイ文化”の第一人者であるアートディレクター増田セバスチャン氏がデザイン。写真の「エンジョイイースター コアラのマーチシェアパック」313円(税抜)のほか、「同 チョコパイパーティーパック」379円(税抜)や「同 カスタードケーキパーティーパック」379円(税抜)も販売中だ。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy