体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パンサー尾形、“スベリ”の金メダリスト・羽生結弦と同じ幼稚園だった!

お笑いトリオのパンサー(向井慧・尾形貴弘・菅良太郎)が27日、都内で行われた健康推進「トリプルリスク啓発」キックオフイベントに参加した。

3月4日に第一子誕生予定という尾形は、健康診断の結果「中性脂肪とコレステロールが高い。下手すれば東京五輪までに何かあるかも」とドクターに不健康宣告されてしまい「これから父親になるっていうのにショック!しかも家も買って35年の75歳までローン」と絶叫。

健康に留意して「おひたしを食べている」という尾形だが、自身が死亡した場合はローンがチャラになる仕組みだそうで「嫁はそれを期待しているみたいで、唐揚げをバンバン食わせてくる」と戦々恐々としていた。

“サンキュー”が持ちネタゆえに39歳で3月9日に入籍した尾形。しかし出産予定日は“サンキュー”にはちょっと早い3月4日ということから、向井や菅からは「子供もスベって早く生まれるのか!」「空気が読めねえ子供だよ!」とボロクソで、さすがの尾形も「子供は関係ねーわ!」と激オコ。第一子となる女児で「元気にワンパクに育ってほしい。唐揚げもバクバク食べて、最終的に俺みたいに病気になる」と自虐ボケも、誕生を心待ちにしていた。

また尾形は、平昌五輪フィギュアスケート男子金メダルの羽生結弦と同じ幼稚園に通っていたことを告白。ピン芸人の狩野英孝も同じ幼稚園らしく、向井から「3人も“スベる”人が出て来るのは奇跡」と驚かれていた。


Fine(ファイン)
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。