体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チームラボ×森ビル! 2018年夏、お台場にデジタルアートミュージアムが誕生

チームラボ×森ビル! 2018年夏、お台場にデジタルアートミュージアムが誕生 森ビル×チームラボ アイキャッチ

幻想的かつ体験できるデジタルアートが話題のチームラボ。

そんなチームラボが森ビル株式会社と合同で2018年夏に本格的なデジタルアートミュージアムを開業するそうです!

この夏は施設面積10,000平方メートルという圧倒的なスケール感のデジタルアートミュージアムで、芸術と触れ合って感性を磨いてみてはいかがでしょうか♪

記事配信:じゃらんニュース

チームラボのデジタルテクノロジーを駆使したアート

今年の夏、森ビル株式会社とチームラボの共同で、お台場・パレットタウンに本格的デジタルアートミュージアム「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless」が開業されます。

チームラボは、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団で、アートによって、人間と自然の新しい関係を模索しているんです♪

今回のデジタルアートミュージアムの名称にも採用した”Borderless”という言葉には、「作品と作品」「作品と鑑賞者」「自己と他者」の境界をなくし、鑑賞者も作品の一部となって溶け込んでいくという想いが込められています。

ただアートを鑑賞するだけではなく、自分もアートの一部になれる新感覚のミュージアムなんて、とても気になりますね!1森ビル×チームラボ「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless」の開業場所

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless」はチームラボによる東京初の常設展示であり、フラッグシップ施設となります。施設面積10,000平方メートルという圧倒的なスケール感と、多様な空間構成のデジタルアートミュージアムなんて他では見られません♪

まとめ

アートは「鑑賞するもの」という固定概念を覆し、私たちもアートの一部になれる新感覚のデジタルアートミュージアムは、お台場のパレットタウン内にあるので、アートを鑑賞するついでにショッピングやテーマパークも楽しめちゃいます。夏休みの思い出づくりにいかがでしょうか? MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless

住所/東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン

TEL/03-3529-1821

休館日/各施設によって休館日が異なります。HPの休館日のお知らせをご覧ください。

開業予定/2018年夏(予定)

入場料金/料金や営業時間などは後日発表されます。

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless」の詳細はこちら

過去のチームラボに関する記事もぜひご確認ください♪

話題の『チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地』で最新のデジタルアートを体験!

2018年を幻想的な空間で迎える!「福岡城 チームラボ 城跡の光の祭」で年越しカウントダウン

情報提供元:チームラボ

※この記事は2018年2月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

フォトジェ肉♪わたあめを溶かして食べるラム肉しゃぶしゃぶが横浜にOPEN
【関西・中国】おすすめ体験レッスン15選!大人も楽しめるものづくり・クラフト体験

じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。