体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

肉汁溢れるハンバーグを熱々のスープに浸して頂く「しるばーぐ」

2月26日放送の「よじごじDays」(テレビ東京系、午後15時40分~)では、体の芯まであたたまる湯気ぽかグルメを特集した中で、「榎本ハンバーグ研究所」(東京都北区)が紹介された。

こちらは東京メトロ南北線西ヶ原駅から徒歩30秒の所にあるハンバーグ専門店。店主は「毎日飽きずに食べられるハンバーグ」を目指して日々研究に勤しんでいるそうで、そのこだわりのハンバーグを求めて店内は平日でも満席になるほど大人気だ。

番組では、おすすめの湯気ぽかグルメとして「しるばーぐ」(1,280円/税込み)を紹介。牛と豚の4つの部位を使用した食べ応えのあるハンバーグ、煮玉子、メンマが載ったご飯と、醤油ベースのかつお出汁に豚の背脂を加えて濃厚なスープがセットになっている。つけ麺をヒントに店主が考案したそうで、ハンバーグをスープに浸して頂くというメニューだ。

お店を訪れたテレビ東京アナウンサーの竹崎由佳さんはハンバーグをお箸で切ると「うわー!すごい肉汁!わー!すごーい!」と驚いた様子。そして、スープにハンバーグとご飯を浸してからスプーンですくって一口頂くと、「うん!熱い!」と余りの熱さに悶絶。店主に「お水ありますよ。大丈夫ですか?」と言われるも、「(肉汁が)もったいない」と熱さを我慢し、「スープが濃い目の味なんですけど、ハンバーグの脂と合わさってうまみ爆発しています!」と絶賛していた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:榎本ハンバーグ研究所 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:王子のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:洋食・西洋料理のお店紹介
ぐるなび検索:王子×洋食・西洋料理のお店一覧
ジューシーで柔らかい「カツサンド」
梅干しを練り込んだ白玉が入っているおしるこ

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。