体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パーケイ・コーツ、デンジャー・マウスをプロデューサーに迎えた新作を5/18にリリース

パーケイ・コーツ、デンジャー・マウスをプロデューサーに迎えた新作を5/18にリリース

 爆発的なサウンドと強烈なパフォーマンスで知られる米NYのガレージ・パンク・バンド、パーケイ・コーツが、5枚目のアルバムとなる『Wide Awake!』(ワイド・アウェイク)を<ラフ・トレード>から2018年5月18日にリリースする。

 本作は、デンジャー・マウスとして知られるブライアン・バートンをプロデューサーに迎えたバンド史上最も画期的な作品。誰もが予想しなかったこの組み合わせについて「パーケイ・コーツのアルバム全ての背景にある精神は、どの作品にも、より良い変化が必要だということ。そのためには、自分の安全地帯から出るということが重要なんだ」と、ギタリスト/シンガーであるアンドリュー・サヴェッジは語る。さらには「俺は、自分がパンクとファンクに恩恵を受けたアルバムを作っているということに個人的に満足していた。その一方で、ブライアンはポップ音楽のプロデューサーで、今までにも、非常に磨き上げられた作品を作ってきた人だ。そんな、筋が通っていないところが気に入ったのさ」と話している。バンドに最初に声をかけたのは、バンドのファンであったデンジャー・マウスであり、彼はバンドが望んでいた新たな挑戦と飛躍の機会をもたらした。

 グレース・ジョーンズ、ザ・アップセッターズ、タウンズ・ヴァン・ザント、パーラメント、オーガスタス・パブロなどを手本に、新たなアイディアを模索していたオースティン・ブラウンと、ユース・オブ・トゥデイ、ゴリラ・ビスケッツ、ブラック・フラッグらのように、逆上と歓喜という2面性に触れることを試みようとしたアンドリューによって書かれた曲には、彼らが昔から持つパンクロックへの情熱が溢れていると同時に、歌詞からは柔らかさや優しさも感じられる。そしてマックス・サヴェッジ(ドラム)とショーン・イートン(ベース)のダイナミックなリズムの駆動力によって、さらなる高みへと上昇していく。

 今作をiTunesで予約すると公開されたばかりの新曲「Almost Had To Start A Fight / In And Out Of Patience」がいち早くダウンロードできる。

Photo: Ebru Yildiz

◎「Almost Had To Start A Fight / In And Out Of Patience」MV
https://youtu.be/l-Bka7yNyKA

◎『Wide Awake!』トラックリスト
1. Total Football
2. Violence
3. Before the Water Gets Too high
4. Mardi Gras Beads
5. Almost Had to Start a Fight/In and Out of Patience
6. Freebird II
7. Normalization
8. Back to Earth
9. Wide Awake
10. NYC Observation
11. Extinction
12. Death Will Bring Change
13. Tenderness

◎リリース情報
『Wide Awake!』
パーケイ・コーツ
2018/05/18 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

ケンドリック・ラマー、『ブラックパンサー』の続編に悪役で出演希望?
ミック・ジャガー、あの人気番組のドラァグ・クイーンを観るためゲイバーに立ち寄る
メタリカ、2019年にまで及ぶ大規模な北米ツアーを発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。