体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BLUE ENCOUNTの「もっと光を」が住野よる著作『青くて痛くて脆い』のテーマ曲に決定

BLUE ENCOUNTの「もっと光を」が、3月2日(金)に発売される住野よる著作の新刊『青くて脆くて痛い』のテーマソングに決定! 「もっと光を」を使用した『青くて脆くて痛い』のイメージムービーも解禁された。イラストレーター・ふすいのイメージボードが使用されているイメージムービーは、『青くて痛くて脆い』特設サイトにて公開されており、書籍の発売以降は一部書店にて公開される予定とのこと。
BLUE ENCOUNT (okmusic UP's)

「もっと光を」はBLUE ENCOUNTのメジャー1stシングルで、現在Youtube再生回数が約400万回の、ライブでもアンセム化している楽曲。住野よるはデビュー作『君の膵臓を食べたい』が200万部を突破し、映画化もされている人気作家だ。その住野よるが“自身最高傑作”と豪語する今作『青くて痛くて脆い』は、誰にも見せることのできなかった自分の小さな心の穴や、誰にも言えなかった思春期のモヤモヤとした感情を丁寧に掬いあげ表現している。その感情を乗り越えた上での前向きな各キャラクターの姿勢は「もっと光を」の歌詞とリンクするような世界観になっている。

BLUE ENCOUNTは、 3月21日(水)に3rdアルバム『VECTOR』をリリースし、6月からツアー『BLUE ENCOUNT TOUR 2018 Choice Your 「→」』を開催。ツアーのチケットは3月4日(日)23:59までLINE先行を受付中なので、ぜひチェックしてみよう。
【住野よる コメント】

「『青くて痛くて脆い』に、「もっと光を」の力を貸していただけないだろうか。そんなことを思ったのは、「この本のPVにかっこいい曲を使いたい」という話が出た時でした。作者がBLUE ENCOUNTのファンであるということがまず大前提にありました。そこから、歌詞が物語の趣旨にぴったり合っていることや、江口さんが以前から拙作を読んでくださっていること、自身の作品で初めて色が題名に入っていることなどたくさんの理由があがり、その中でも「もっと光を」を使わせていただけないかと考えた最も大きな理由は、作者がライブで聴く度に読者さん達のことを思い出す曲だからでした。「もっと光を」は、ブルエンから光を貰う曲であるのと同時に、聴いた人それぞれが他の誰かに光を届けようとすることの出来る曲なのだと、一人のファンとして感じています。「青くて痛くて脆い」にも、そんな物語であってほしい。読んだ人が光を感じられるように、その光をまた他の誰かに各々の形で届けられるように。「もっと光を君に届けたくなったよ」という歌詞は、読者の皆さんに「青くて痛くて脆い」を読んでもらう上で、作者が込めた想いそのものです。BLUE ENCOUNTの皆さんにとって、そしてBLUE ENCOUNTのファンの皆さんにとっても特別な「もっと光を」という曲の力をお借りして、「青くて痛くて脆い」が多くの方達の心まで届くように願っています」
アルバム『VECTOR』
2018年3月21日発売

【初回生産限定盤】(CD+DVD)

KSCL-3046~3047/¥3,500+税

※三方背スリーブケース

※封入特典:ワンマンツアー・チケット先行抽選受付封入

※プレイパス対応

<収録曲>

■CD

01.灯せ

02.Waaaake!!!!

03.コンパス

04.VS

05.RUN

06….FEEL?

07.ハンプティダンプティ

08.résistance

09.虹

10.グッバイ。

11.coffee, sugar, instant love

12.「77」

13.さよなら

14.こたえ

■DVD

1.VS –Music Video-

2.VS -Making-

3.さよなら –Music Video-

4.さよなら -Making-

5.ブル散歩 -VECTOR完成旅行編-

【通常盤】(CD)

KSCL-3048/¥¥2,800+税

※初回仕様:ワンマンツアー・チケット先行抽選受付封入

※プレイパス対応

<収録曲>

■CD

01.灯せ

02.Waaaake!!!!

03.コンパス

04.VS

05.RUN

06….FEEL?

07.ハンプティダンプティ

08.résistance

09.虹

10.グッバイ。

11.coffee, sugar, instant love

12.「77」

13.さよなら

14.こたえ
全国ツアー『BLUE ENCOUNT TOUR 2018 Choice Your 「→」』
6月09日(土) 北海道・サッポロファクトリーホール

6月14日(木) 名古屋・Zepp Nagoya

6月15日(金) 名古屋・Zepp Nagoya

6月21日(木) 金沢・EIGHT HALL

6月22日(金) 新潟・新潟LOTS

6月24日(日) 仙台・SENDAI GIGS

6月29日(金) 福岡・福岡DRUM LOGOS

6月30日(土) 福岡・福岡DRUM LOGOS

7月07日(土) 広島・BLUE LIVE広島 

7月08日(日) 香川・高松festhalle

7月13日(金) 大阪・なんばHatch

7月14日(土) 大阪・なんばHatch

7月18日(水) 東京・Zepp Tokyo

7月19日(木) 東京・Zepp Tokyo

<チケット>

スタンディング¥4,300(税込) ※D代別¥500

■LINE先行:3月4日(日)23:59まで

LINEアカウント:blueencount
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy