体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

妖しく、美しく、ミステリアスな夜

妖しく、美しく、ミステリアスな夜

ここは、ポーランドのオポーレ。5世紀以前は、ゲルマン人が住んでいたと言われている。それからローマ帝国の侵略によってスラヴ人の街となり、10世紀以降はスラヴ人の中心としとして栄えた歴史を持つ。

その後、オーストリア、プロイセンを経て、ドイツ国領となり、第二次世界大戦後にポーランドに復帰するという複雑な過去を持った街だ。

絵画のような一枚一枚にミステリアスな印象を感じざるを得ないのは、そのせいだからだろうか。霧と光がつくりあげた幻想的な夜を散策してみよう。

ミステリーとヒストリー

妖しく、美しく、ミステリアスな夜妖しく、美しく、ミステリアスな夜妖しく、美しく、ミステリアスな夜妖しく、美しく、ミステリアスな夜妖しく、美しく、ミステリアスな夜妖しく、美しく、ミステリアスな夜妖しく、美しく、ミステリアスな夜妖しく、美しく、ミステリアスな夜妖しく、美しく、ミステリアスな夜

ポーランドは、18世紀末に独立を失った。その時に、粘り強い独立運動が続けられた中で彼らに勇気を与えたのは、日露戦争だった。日本人にとってなじみ深い国とは言えないかもしれないけど、知られざる親日国でもあるのだ。

ドイツやチェコ、スロバキア、ウクライナなどと国境を接する国。欧州への旅の機会があれば、一度は訪れてみたい国だ。Licensed material used with permission by Pawel Uchorczak

関連記事リンク(外部サイト)

ランチなしのぶっ続け勤務に耐える、ポーランドの朝ごはん。
ポーランドのカエデ並木の紅葉は、魔法のような美しさ
ポーランドの「放棄された病院」の写真。霊感の強い人は決して見ないでください。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy