体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チープ・トリック、『at武道館』発売40周年を記念して日本武道館公演開催を発表

チープ・トリックが4月25日(水)に日本武道館で来日公演を行うことを発表した。チケット一般発売は3月24日(土)午前10時より。なお、本公演は一般発売に先駆けアメリカン・エキスプレスのカード会員様限定優待プログラム“American Express Invites(R)”にて3月1日(木)午後5時より先行販売を開始。Live Nation Japan先行受付は3月3日(土)午後5時より開始!公演詳細はLive Nation Japanまたは来日公演スペシャル・サイトをチェック!
チープ・トリック (okmusic UP's)

1977年のデビュー以来、キャッチーなメロディと鋭いギターリフで様々な日本のオーディエンスを魅了してきたチープ・トリック。ロックバンドとして彼らの運命を大きく変えたのは、1978年4月、当時既に日本で人気の高かった彼らが、初来日にしていきなりの日本武道館で行ったライヴ。それまでバンドを応援してきた日本のファンへの感謝の意味を込め“日本限定”のライヴアルバムとして発売が決定し、こちらの武道館公演はレコーディングされた。同年10月『チープ・トリック at武道館』が発売されると、その勢いは海を渡り本国アメリカに飛び火。現地のDJたちがアルバムからのライヴテイクをオンエアし始め「甘い罠」「サレンダー」等楽曲がラジオでヘビーローテーションで掛かった。すると、通常の2倍もする値段にも関わらず、日本からの輸入盤が爆発的に売れ始め、1979年2月にアルバムが正式にアメリカでもリリース。その結果、全米4位のプラチナディスク、そしてアメリカのみでも400万枚の大ヒットとなる。こうして日本発信で、武道館の名が世界中へ広がり、チープ・トリックは世界的な人気を博すこととなった。

そんな40年前を振り返り、Rolling Stone誌インタビューでリックがこんなコメントを残している─「武道館公演からずっとツアーに出てるよ」。このリックの言葉が示す通り、チープ・トリックは今なお精力的に活動を続ける現役のロックバンドであり、年間数多くのツアーやライヴをこなしている。同じ世代のバンドでここまでストイックにツアーを廻るバンドは、チープ・トリック以外そうそういない。冒頭でも触れた通り、「パワー・ポップの元祖」とも呼ばれる彼らのサウンドの特徴は、強力なギターリフとフックの効いたメロディ。ポップ、パンク、ハードロックなど様々な要素を持ち合わせつつも、決して特定のジャンルに染まることなく、チープ・トリック然としたパワフルでキャッチーな独自サウンドは、パール・ジャム、ニルヴァーナ、スマッシング・パンプキンズなど、数々のロック・バンドが彼らの影響を言及しているほどだ。チープ・トリックが築いてきたものが後続する新しいバンドたちに残した財産は大きい。

■チープ・トリック来日公演スペシャルサイト

http://cheaptrick-budokan2018.com/
【来日公演情報】
4月25日(水) 日本武道館

<チケット>

全席指定:S席¥9,500/A席¥8,000(税込)

American Express Invites(R)先行販売:3月1日(木)17:00~3月7日(水)23:59

http://www.americanexpress.co.jp/invites

Live Nation Japan先行::3月3日(土)17:00~3月7日(水)23:59

http://cheaptrick-budokan2018.com/

チケットぴあ:3月8日(木)~3月14日(水)

その他プレイガイド:3月15日(木)

一般発売:3月24日(土)10:00
アルバム『ウィア・オール・オーライト!』
発売中

POCS-24012/¥2,600+税

ボーナス・トラック5曲収録
アルバム『グレイテスト・ヒッツ:ジャパニーズ・シングル・コレクション』
2018年4月4日発売

【CD+DVD】

SICP31162~3/¥3,000(税込)
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。