体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

文章を書く仕事、ライターや作家のほかには何がある?

文章を書く仕事、ライターや作家のほかには何がある?

「文章を書く仕事」と聞いて思いつくのは、どんな職業でしょう。読書が趣味で文章を読むのが好きだったり、言葉に勇気付けられたりしたことがある人の中には、「文章を書くことを仕事にしたい」という人もいるかもしれません。

代表的なものとして作家や記者、また最近メジャーになってきたウェブライターなどが挙げられると思います。実は他にも、「文章を書くこと」を生業とする職業はたくさん存在しています。

 

作家

言わずと知れた、「文章を書くこと」を仕事としている職業です。作家を目指すなら、まずはコンクールに応募することが一般的。そこで受賞できれば、出版社から声がかかることもあります。

自費出版や出版社への売り込みという方法もありますが、お金も労力もかかる上、継続的に仕事ができない可能性が高いことがデメリット。

 

ライター

本や雑誌、ウェブなどの様々な媒体で文章を執筆するお仕事です。自ら取材に赴いて記事にすることもあれば、TABIPPO.NETのように専門的知識を活かした案件も。(TABIPPO.NETではトラベルライターを募集中です)

企画についても編集者から指示があったり、企画立案から携わったりと様々です。

ライターになるには編集プロダクションや出版社に就職するほか、ライター募集サイトを探すなどの方法があります。自分のメディアを作る、ライターが多くいるコミュニティに入るなども効果的です。

 

新聞記者

事件や事故が起こった現場に向かい、現地で取材をします。緊急の事態には昼夜問わず取材をし、素早く正確に記事に起こすことが求められるので、体力的に厳しい現場でもあります。

新聞記者になるには、大学卒業後に新聞社に就職することが一般的。常に最新の情報をキャッチし、世の中の流れに敏感になっておく必要があります。

 

編集者

厳密に言うと、「文章を書く」ことよりも「文章を整える」と言った方が正しいかもしれません。編集者は本や雑誌、ウェブコンテンツの企画から制作まで携わり、責任を負うポジションです。

企画立案、ライターやカメラマンの人選、記事の編集などを受け持ちます。編集者を目指すには編プロに就職することが多いですが、アルバイトから始めて経験を積むという方法もあります。

 

コピーライター

短いながらも印象を残すような言葉で、商品やサービスの魅力を表現するキャッチコピーを考えます。

多くのコピーライターは広告代理店に所属。パッと目につくキャッチーさや、瞬時に理解できる明瞭さなども必要となるので、文章力だけでなくクリエイティブ性も求められます。

「未経験で自分のセンスにも自信がない…」という人は、コピーライティングの講座に通ってみるのもいいかも。公募しているコンテストに応募してみるのも、いい腕試しになるかもしれません。

関連記事リンク(外部サイト)

帰国した後に経験する、現実あるある6選
旅人が仕事で活かせる6つの特性
英文履歴書の正しい書き方とは?英語力を上手にアピールする方法
就活をやらない新大学4年生が、残り1年でやっておくべきこと

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。