体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【米ビルボード・アルバム・チャート】『ブラックパンサー:ザ・アルバム』2週連続首位、ニップジー・ハスル4位初登場

【米ビルボード・アルバム・チャート】『ブラックパンサー:ザ・アルバム』2週連続首位、ニップジー・ハスル4位初登場

 映画『ブラックパンサー』のインスパイアード・アルバム『ブラックパンサー:ザ・アルバム』が2週目の1位に輝いた、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 先週、初動154,000ユニットを獲得した本作は、今週も131,000と高い数字をキープし、2週連続の全米1位を獲得した。今年に入ってからは、3位に停滞している『グレイテスト・ショーマン』も2週間No.1(1月13日~20日)をマークし、2か月という短い期間で、2作のサウンドトラックが快挙を達成した。また、どちらのアルバムも、2週目にして10万を超えるユニット数を獲得している。同年に2作以上のサントラ盤が2週目の1位を獲得するのは、『アナと雪の女王』(14週)と『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2週)を輩出した2014年以来、4年振り。

 ケンドリック・ラマーは、自身のアルバム『DAMN.』も8位にランクインしていて、今週も引き続き2作をTOP10内に送り込んでいる。『ブラックパンサー:ザ・アルバム』は、131,000ユニットのうち、およそ90,000ユニットがストリーミングによるもので、アルバムの純粋な売上枚数は4万枚程度だった。『DAMN.』も、半数以上はストリーミングによるポイントが占めている。

 こちらもストリーミングの強い、ミーゴスの新作『カルチャーII』は64,000ユニットを獲得して2位に浮上した。本作からは、カーディ・Bとニッキー・ミナージュが参加した「モータースポーツ」と、ファレルによるプロデュース作品「スティア・フライ」が、2曲連続でTOP10入りを果たしている(HOT100)。7位にダウンした、エド・シーランの『÷(ディバイド) 』(37,000ユニット)からは6週の1位をマークした「パーフェクト」が、9位にランクインしているポスト・マローンの『ストーニー』(32,000ユニット)からは「アイ・フォール・アパート」など、計3曲が上位ランクインを果たしている。ストリーミングがアルバムのポイントに加算されるようになってからは、シングルのヒットがアルバムのユニット数に大きく反映する。

 初登場1位に輝いたものの、先週の2位から今週早くも6位にランクダウンしたジャスティン・ティンバーレイクの『マン・オブ・ザ・ウッズ』は、先行シングル「フィルシー」やクリス・ステイプルトンをフィーチャーした2ndシングル「セイ・サムシング」が不調で、今週は38,000ユニットまで落ち込んでいる。また、前作、前々作がロングヒットを記録した映画『フィフティ・シェイズ・フリード』のサントラ盤も、前2作のようなシングルヒットがなく、今週は28,000ユニットと先週から52%もダウンし、10位まで急降下している。

 今週4位に初登場したのは、ニップジー・ハスルのデビュー・アルバム『ビクトリー・ラップ』。2016年の大統領選で、トランプ現大統領を批判したことで注目された32歳、米LA出身のラッパー。2005年にアーティスト活動を本格始動させ、これまでに10作以上のミックステープを発表しているが、正式なスタジオ・アルバムとしては初のリリースとなる。53,000ユニットのうち、アルバムの売上はおよそ30,000枚で、ラッパーのアルバムとしては珍しく、ストリーミングよりセールスが上回る結果に。これまでには、2015年リリースのミックステープ『メールボックス・マネー』が18位をマークしたが、TOP10入りは初の快挙。

 続いて5位には、ブランディ・カーライルの新作『バイ・ザ・ウェイ、アイ・フォーギヴ・ユー』がデビュー。本作は、前作『The Firewatcher’s Daughter』(2015年)から3年振り、通算6作目のスタジオ・アルバムで、その前作で獲得した最高9位を上回る、自己最高位を更新した。本作の初動ユニットは43,000で、アルバムの売上枚数は41,000枚。ストリーミングなどによるポイントは、ほとんど無かったに等しい。ブランディ・カーライルのように、フォークやカントリー系のアーティストは、セールスが強い分、ストリーミングでポイントが稼げないのが弱点でもある。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、2月28日22時以降予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『ブラック・パンサー:ザ・アルバム』VA
2位『カルチャーII』ミーゴス
3位『グレイテスト・ショーマン』サウンドトラック
4位『ヴィクトリー・ラップ』ニップジー・ハスル
5位『バイ・ザ・ウェイ、アイ・フォーギヴ・ユー』ブランディ・カーライル
6位『マン・オブ・ザ・ウッズ』ジャスティン・ティンバーレイク
7位『÷(ディバイド)』エド・シーラン
8位『DAMN.』ケンドリック・ラマー
9位『ストーニー』ポスト・マローン
10位『フィフティ・シェイズ・フリード』VA

関連記事リンク(外部サイト)

3月3日付 Billboard 200 全米アルバムチャート
3月3日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
ケンドリック・ラマーがプロデュース! ヒップホップ・ファン垂涎の傑作揃いな『ブラックパンサー:ザ・アルバム』(Album Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy