体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダイソーの単三アルカリ電池はコスパがスゴイ!

ダイソーの単三アルカリ電池はコスパがスゴイ!

どこでも手に入るのが特長の単三アルカリ電池。種類も多くどの製品を選べばいいのか悩むことも多いでしょう。一般的なメーカー製のほか、コンビニや100均のプライベートブランド商品もあり、激安価格で売られているものも増えています。そこで、こうした単三アルカリ電池の性能を比較してみました。

単三アルカリ電池の放電時間を計測

というわけで、定番の「金パナ」ことパナソニックのほか、ソニーのSTAMINAシリーズ、100円ショップのダイソーで販売されている激安モデル、Amazonとセブンイレブンのプライベートブランド商品を比べました。

比較テストでは、2.2Ωの抵抗を単三アルカリ電池につなげて終止電圧(0.9V)に下がるまでの放電時間を計測。同時に60分経過時点での電圧をチェックしました。さらに、終止電圧までの積算値から実測容量を算出しています。

その結果、なんとダイソーの単三アルカリ電池の0.9V終止時間が209分59秒とダントツ。金パナの180分22秒やソニーの167分57秒を押さえて、高コストパフォーマンスを発揮しました。5本入りで108円とは思えない持続性能といえます。

アルカリ電池の蓄電以外の安全性能

とはいえ、他のアルカリ電池が一概に性能が悪いというわけではありません。国内有名メーカーの電池は使用温度や液漏れ性能といった、蓄電性以外の安全性能にお金がかかっており、単純に金額だけでは比べられない部分もあるからです。

また、プライベートブランドのアルカリ電池が増える中で気になるのが、そうした製品の製造元。今回テストした5製品のうち、電池底部とガス抜き穴の板金構造がAmazon・ソニー・セブンイレブンで酷似しており、恐らく同じ製造元でしょう。

ソニーとセブン-イレブンは放電グラフも酷似しており、全く同じ製品の可能性も…。ただしその中で、Amazonだけ放電が早いのは、グレードの低い蓄電材料が使われているからだと思われます。

関連記事リンク(外部サイト)

アルカリ電池を充電する究極のエコテクニック
バッテリー寿命で100均の単三電池を選ぶ!
9V電池が何回も使える006P型充電池がオススメ
乾電池をホムセンで買うならカインズかコーナン
マンガン電池なら100円ローソンがオススメ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。