体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhone Xの新機能「アニ文字」使ってみた メッセージやLINEに送る手順と仕組みを解説

iPhone Xに搭載された新機能のひとつ、「アニ文字」。顔認識システムによってユーザーの表情を読み取り、それと連動した“動く絵文字”をつくることができるというものだ。発売前から注目されていたこの目玉機能は、リリースされるや否やアニ文字を使ったYouTuberが登場するなどトレンドの最前線へと踊り出た。

今回は、そんなアニ文字の仕組みと使用手順を解説しつつ、実際に使ってみたレポートもお届けする。

アニ文字の機能と仕組みは? Ture Depthカメラでキャラクターとユーザーを“同期”

さて、そもそも「アニ文字ってなに?」という人も多いだろう。まずはその機能と仕組みから説明しよう。

アニ文字とは、iMessageで送れるアニメーションタイプの絵文字のこと。ユーザーの表情をリアルタイムで読み取り、パンダやウサギなどの3Dキャラクターへと変換する。同時にボイスメッセージもつけられるため、受信者はあたかも表情豊かなパンダやウサギに話しかけられているような錯覚を楽しめる。

iPhone Xの新機能「アニ文字」使ってみた メッセージやLINEに送る手順と仕組みを解説
iPhone Xの新機能「アニ文字」使ってみた メッセージやLINEに送る手順と仕組みを解説

その機能を支えているのが、iPhone Xの「Ture Depth(トゥルーデプス)カメラ」。環境光センサーや赤外線カメラなど、さまざまなモーションセンサーを搭載することで高精度な顔認識を実現している。顔認証でロック解除する「Face ID」に使われているのも同じ技術だ。

なお、アニ文字の作成はiPhone Xだけの特権だが、アニ文字の受信や保存自体は、iPhone 8やその他のiPhoneのモデル、Android、パソコンでも可能だ。

アニ文字の作成方法は? 全手順をわかりやすく解説!

ではさっそく、アニ文字の作成手順を紹介しよう。まずは「メッセージ」を開き、「新規作成」ボタンをタップ。

次に宛先を指定しよう。直接入力するか、「+」ボタンをタップして連絡先から選択する。送信先はiPhoneの電話番号か、iMessage用のメールアドレスに限られるので注意。

カメラアイコンの右にある「アプリ」ボタンをタップする。ちなみに宛先を入力しないと触れても反応しない。

ディスプレイの下からアプリ一覧が出てくるため、アニ文字のアイコン(サルのマーク)を選ぼう。

左のメニューから、アニ文字に使用するキャラクターを選択したら準備OK。ユーザーの表情の変化に合わせて、イヌやサルなどの動物がそっくりそのまま動いてくれる。

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。