体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ホンダ N-BOXも最高ですが、実は同程度の予算で買う「輸入プレミアムコンパクト」も良いですぞ!

▲いろいろ使えて走りも素晴らしい2代目ホンダ N-BOXですが、新車のN-BOXを買うよりも手頃な支払総額で、実はこういった輸入プレミアムコンパクトの低走行中古車が狙えちゃったりもします。写真は現行メルセデス・ベンツ Aクラス

▲いろいろ使えて走りも素晴らしい2代目ホンダ N-BOXですが、新車のN-BOXを買うよりも手頃な支払総額で、実はこういった輸入プレミアムコンパクトの低走行中古車が狙えちゃったりもします。写真は現行メルセデス・ベンツ Aクラス

もしもN-BOX購入に「迷い」があるならご注目を

ホンダの軽トールワゴン「N-BOX」の新車が売れに売れています。

2017年の販売台数ランキングでは2位以下を大きく引き離すぶっちぎりのトップで(日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2017年の国内車名別新車販売台数によるとN-BOXは21万8478台)、2018年1月の速報値でも相変わらずのぶっちぎり状態です。

この大ヒットには当然理由がありまして、簡単に言うなら「いい車だから」です。

車内のスペース効率や使い勝手は大変素晴らしく、走らせてみても「これ、ホントに軽自動車?」と言いたくなるぐらいの安定感があります。

主に市街地を走るための道具としては実に素晴らしい車だと言えるでしょう。

ということで今、ホンダ N-BOXを新車で買おうかな? とご検討中の人はそれなりに多いのではないかと推測しています。

前述のとおり2代目N-BOXは本当にデキの良い軽自動車なので、そのご選択を止めようとはサラサラ思いません。

が、しかし……「実はホンダ N-BOXを新車で買うよりもお安い総額で、超メジャーな輸入コンパクトカーの低走行車が買えちゃうんですよ!」と聞いたら、どうお感じでしょうか?

もしもコレを聞いてグッときてしまった人、もしくは「実は軽自動車じゃない方がいいと思ってるんだよね……」と内心思っている人は、ぜひこのお話の続きを読んでみてください。

▲こちらがたぶん今、狙っている人も多いはずのホンダ N-BOX。写真は「素のN-BOX」より人気が高いという「N-BOXカスタム」で、その中でも人気のグレードであるG・L ホンダセンシング

▲こちらがたぶん今、狙っている人も多いはずのホンダ N-BOX。写真は「素のN-BOX」より人気が高いという「N-BOXカスタム」で、その中でも人気のグレードであるG・L ホンダセンシング

▲N-BOXカスタムの車内はこんな感じ。「助手席スーパースライドシート」は前後に57cmスライド可能で、リアシートも前後に19cmスライドできます。……後席の余裕はたぶんメルセデス・ベンツ Sクラス以上では?

▲N-BOXカスタムの車内はこんな感じ。「助手席スーパースライドシート」は前後に57cmスライド可能で、リアシートも前後に19cmスライドできます。……後席の余裕はたぶんメルセデス・ベンツ Sクラス以上では?

例えば総額100万円台後半の3代目メルセデス Aクラス

2代目ホンダ N-BOXおよびN-BOXカスタムの新車価格は138万5640~208万80円ですが、ホンダが発表した資料によれば一番人気はN-BOXカスタムの「G・L ホンダセンシング」で、こちらの車両本体価格が169万8840円(※FF仕様の場合)。

これに必要なオプション装備や諸費用も足してみると、筆者独自計算による支払総額は約200万円となります。多少の値引きもありそうですから、結局の総額は「190万円ぐらい」でしょうか?

で、これよりも断然お安い支払総額でグッドコンディションな「輸入車」が狙えるわけです。

もちろん、その場合の輸入車は新車ではなく中古車になるわけですが、決して使い古された“ド中古車”ではなく、結構な低走行物件が狙えるのですよ。

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。