体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ボックスシュガーミニ きび砂糖SPECIAL』ユーザーの声から生まれたチャック付でそのまま使えて便利な上、国産原料100%!

調理に欠かせない砂糖。一般的に1㎏で売られていることが多く、袋に入っているままのことが多い。そのままでは使いづらいので詰め替えたり、袋を輪ゴムで留めたりしていたもの。そんな砂糖にチャック付で保存に便利なボックスタイプのそのまま使えるシリーズ『ボックスシュガーミニ』が登場しているのはご存じだろうか。そこから風味が美味しい『ボックスシュガーミニ きび砂糖SPECIAL』が登場した。

詰め替え不要!ありそうでなかったチャック付!

日新製糖の定番商品である砂糖。白砂糖をはじめ、グラニュ糖、三温糖、きび砂糖、黒砂糖、中ザラ糖、コーヒーシュガーなど数々の砂糖を取り扱っている。そのほとんどが袋にそのまま入っているパッケージであった。2016年秋に新たなパッケージとして登場したのが『ボックスシュガーミニ』。少量を使い切りたい、立てて保存したい、など様々な客のニーズから生まれた商品だ。すでに「白砂糖」と「グラニュ糖」が発売されている。そのシリーズに今回新たに仲間入りしたのが『ボックスシュガーミニ きび砂糖SPECIAL』(300g・希望小売価格 税込346円・2018年2月発売)だ。

使い切りやすい少量タイプ

ライフスタイルが多様化する中で、求められてくるのが「使いやすさ」。「ボックスシュガーミニ」の良いところは、砂糖の量が少なくなっても最後まで倒れないボックス型であること。詰め替え容器の代役を最後までつとめる。また、チャック付がやはりうれしい。今まで輪ゴムで縛ったり、テープで留めていたりしたが、チャック付であることでその手間がなくなる。そして、何と言ってもコンパクトなので収納に便利。詰め替えをしていた頃は、残りをどこかにしまっておかなければならなかったがこれ一つで出し入れ出来る。

核家族化が進み、いつでも食材が手に入る現代において大容量である必要が少なくなってきているもの。砂糖は温度や湿度の変化で固まることもあり、1~2カ月で衛生的に使い切りたい、少しだけ使いたいというライトユーザー向きの300g。ちなみに白砂糖とグラニュ糖は400gで発売中。

片手でサッと持ち運べる手軽さ

縦10cm×横8cm×奥行6cm。ボックス型であることで、片手でも持ちやすい。サッと出して使えたり、移動が楽なのだ。キッチンの調理台で使いたい時にすぐに使え、コンパクトに置いておくことが出来るのがやはり便利。引き出しやラックなど様々な場所に置け、隙間などにも収納しやすい。

上部にチャックが付いている。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy