体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

しずくだうみ×藤Snk、ジエン社公演「物の所有を学ぶ庭」のために制作した音源を配信

しずくだうみ×藤Snk、ジエン社公演「物の所有を学ぶ庭」のために制作した音源を配信

2月28日〜3月11日に上演されるジエン社の第12回公演〈物の所有を学ぶ庭〉。

同公演に、シンガー・ソングライターしずくだうみとトラックメイカー藤Snkのチームが音楽で参加。今回のために書き下ろした楽曲『「 」の作文』がOTOTOYで配信開始された。

物の所有の概念がちっともわからないけれど、ものすごく頭の回転が速い「妖精さん」たちが言葉で遊んでいるイメージの歌詞と、優しくて鋭いトラック。同曲が収録されたCD-Rも、公演の会場で先行販売される。CD-Rは後日、しずくだのライヴや通販でも販売される予定。

なお、しずくだとジエン社がタッグを組むのは本作で二度目。同公演は、ジエン社主宰の山本健介が作・演出を担当。今回の会場は、元銭湯の名残も残る、北千住のアートセンター「BUoY」となる。地下のスペースを大きく使った作品となり、静かなエレクトロニカが披露される予定。(前田)

・しずくだうみ×藤Snk「」の作文
1. 「 」の作文
2. 「 」の作文 instrumental
OTOTOY配信ページ
https://ototoy.jp/_/default/p/97042

〈物の所有を学ぶ庭〉
2018年2月28日(水)〜3月11日(日)
ジエン社第12回公演
脚本・演出:山本健介
出演:
伊神忠聡
上村聡(遊園地再生事業団)
蒲池柚番
鶴田理紗(白昼夢)
寺内淳志
中野あき
湯口光穂(20歳の国)
善積元

・長いあらすじ
私達は彼らを「妖精さん」と呼んでいるのだけれど、それは正式名称ではなくて。

妖精さんはある時から、一人、また一人と、この世界に、この国に出現し始めた。今、この庭に仮住まいしている妖精さんは二体で、男女で、二人は兄妹らしい。詳しい事はよくわからない。でも、このまま妖精さんがこの街に住むのは、きっと難しいのではないかなと思う。
妖精さんは我々とコミュニケーションは取れるし、頭だっていい。きっと私たちの言っている事は伝わっている。意味としても言葉としても。でもそれでも、妖精さんたちは「所有」という事が、やっぱりわからないみたいで、万引きだったり、無断で人の物を持ち帰ってしまったり、冷蔵庫の中のおやつをパクパク食べたりしてしまう。
だから私は高校教師だった時の事を思い出しながら一つ一つ、まずは「所有」について、妖精さんたちに教えている。
「名前が書いてあれば」と男の妖精さんは言った。

「分かります。物に、名前がついているという事は、触ってはいけないという事が。なぜ触ってはいけないのかまでは、実はわかりません。すみません。でも、そういう文化なのだといわれたら、それは、そうか、私たちにとっては、聖域にある石と同じような存在なのでしょう。名前が書いてある物に関しては、わかりました、私たちは触らないようにします」

私は、触ってもいいんじゃないか、とは思った。名前が書いてある他人の持ち物に、触ることそのものが悪いのではない。他人の所有物を、尊重しないというか、尊重? 所有とは、尊重のことだろうか? たとえば今私が彼の着ている服を、同意なく脱がせて、奪い取って、持ち帰るのはおかしなことだ。いけない事だ。でも、彼の服に、からだに、私の手が触れる事、それは、そんなにいけない事なのだろうか。

「ハリツメさんには、名前が書かれていない場合の、“物の所有”の見分け方を教えてほしいのです。距離の要素が大きい事は、わかりました。手にしている、身につけている、というものほど、それは“所有”されているのだ、と。でも、時に手を離れて、距離が遠くなっているものも、“所有”されている、ということが、分かりません。物が身体から遠くなったら、それは所有ではないものではないのですか?」

そして妖精さんの彼は、私の体を触る。私は、嫌だ、と言わなくてはいけない。妖精さんは悪気なく、敬愛を込めて私の顔や、肩や、胸を触る。

「あなたには名前が書かれていない。あなたは、触ってはいけない、と言う。名前が書かれていないのに、触ってはいけないのは、なぜですか。」

触られながら私は、なぜだろう、なぜかしら、と考える。どう、教えたらいいだろう。
私の体は、私の物だという事。社会的には、もうあの人の物だという事。お嫁にもらわれた、ということ。もらわれた、という私は、物なのか。人ではないのか。人は、物なのか。あの人の物になって、他の誰にも触られてはいけない私が、いまこうして髪を触られている事は、どうしてよくない事なのか。私はそんな事、教えてもらわなかった。学んでこなかった。教えてほしい。知りたい、学びたい。

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。