体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“氷上のピアニスト”ルドヴィコ・エイナウディの来日公演が決定

北極海での演奏が世界中で話題になったポスト・クラシカル界の巨匠、イタリアのルドヴィコ・エイナウディの約1年ぶりとなる来日公演が決定した。
ルドヴィコ・エイナウディ (okmusic UP's)

2016年6月に北極海の氷河の前に設置された氷上の舞台で、北極海の自然保護を求めて特別に作曲した「北極に捧げるエレジー(Elegy for the Arctic)」を演奏し、ネットで大きな話題になったエイナウディ。2017年夏にはベルリンフィル・野外コンサート『ヴァルトビューネ』で2万人の観客を魅了し、2017年から2018年にかけての欧米での彼のコンサート・ツアーは全てソールドアウト。世界規模で見せる盛り上がりの中、絶好のタイミングで『LUDOVICO EINAUDI in Concert 2018』と銘打った来日公演が5月に決定となった。今回は初となる大阪公演も用意され、東京公演はオペラシティ コンサートホールにて開催される。

映画監督・是枝裕和からラヴコールを受けて音楽を手掛けた2017年9月に日本公開の映画『三度目の殺人』では、第74回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門に正式出品されており、現在世界15カ国で上映、もしくは今後の上映が決まっている。さらに、エイナウディはこの映画音楽で第41回日本アカデミー賞の最優秀音楽賞にノミネートされ、3月2日(金)に開催される授賞式への出席も決まっているとのこと。

ステージにプロジェクターを設置し、映像と音楽をシンクロさせて進行していくエイナウディのコンサートは、クラシック音楽というより、さながらレディオヘッドやシガー・ロスといったポスト・ロックのライヴを見ているかのよう。現に欧米での彼のファン・ベースは学生や流行に敏感な若者達である。今回の来日公演では、恐らく「三度目の殺人 メイン・テーマ」もライヴで初披露されることだろう。日本アカデミー賞授賞式の翌週3月5日(月)から発売となるコンサート・チケットは売り切れ必至だ。
【来日公演 詳細】

■大阪公演

5月30日(水) ザ・シンフォニーホール大阪

<チケット>

SS¥9,800(税込/指定席) S¥8,800(税込/指定席)

チケット発売:3月5日(月)

チケットぴあ:https://t.pia.jp

イープラス:http://eplus.jp

■東京公演

5月31日(木) 東京オペラシティ コンサートホール

<チケット>

SS¥10,800(税込/指定席) S¥9,800(税込/指定席)

チケット発売:3月5日(月)

チケットぴあ:https://t.pia.jp

イープラス:http://eplus.jp
 (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。