体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

8000輪の桜がイルミネーションに照らされる幻想的な 「吉祥寺 夜桜 2018」

8,000輪の桜がイルミネーションに照らされる幻想的な 「吉祥寺 夜桜 2018」開催中
吉祥寺にある、ダイニングバー SUN Tama Barr(サンタマバー)では、店内を約8,000輪の桜と1,500球のイルミネーションで装飾したイベント「吉祥寺 夜桜 2018 -光の河-」を春の限定企画として2月19日より開催中。

桜は造花ですが、1,500球ものイルミネーションに照らされる桜は、なんとも幻想的で美しく、春の訪れを感じさせてくれます。

こちらのお店では、昨年の6月、7月には宙に浮く50灯のキャンドルを飾ったイベント「吉祥寺 キャンドルナイト」も実施しており、その際には「まるでラプンツェルみたい!」と、若い女性の間で大変話題になりました。

秋は3,000枚のもみじで「【紅葉】秋の夜長」、冬は2,500球の青色LEDで「吉祥寺 青の洞窟」など、季節に合わせた演出が話題のお店なのです。

8,000輪の桜がイルミネーションに照らされる幻想的な 「吉祥寺 夜桜 2018」開催中
春の定番イベントである「吉祥寺 夜桜」は今年で3回目なんだとか。昨年までは桜の展示のみでしたが、今年は1,500球の金色のLEDイルミを加え「光の河」を出現させ、より幻想的な雰囲気を創っています。

8,000輪の桜がイルミネーションに照らされる幻想的な 「吉祥寺 夜桜 2018」開催中
<スイーツなのにほろ酔い気分!「ほろ酔いパフェ」が新登場>
ほろ酔いパフェ【イチゴ】 1,300円(税込)
※提供は3月1日から

このイベントに合わせて、新感覚スイーツ「ほろ酔いパフェ」や、イチゴを使ったカクテルメニュー、桜や春をテーマとしたドリンクメニューが期間限定で登場します。

こちらは4月中旬までの開催です。天候にも左右されることなく、暖かい店内でゆっくりとお酒や食事を楽しめて、至福の時間となりそう。写真映え間違いなしの店内で、ひと足早くお花見気分を味わってみませんか。

『春イベント★ 吉祥寺 夜桜 2018 -光の河-』開催期間  ~2018年4月中旬まで
吉祥寺 SUN Tama Bar
ヒトサラ(グルメサイト)  : http://hitosara.com/0006044876/
Facebookページ      : https://www.facebook.com/SunTamaBar
開催期間中のご予約にはまだ余裕がありますが、特に週末は混み合うことが予想されるので、あらかじめご予約されることをおすすめします(席だけ予約可)。

8,000輪の桜がイルミネーションに照らされる幻想的な 「吉祥寺 夜桜 2018」開催中

<カフェスタイルカクテルメニュー【イチゴ】>
・ストロベリーアイスミルク 980円
・ホットイチゴミルククリーム 980円
・ストロベリーティーソーダ 980円
・ストロベリーマルガリータ 870円
※すべて税込

<桜や春をテーマにしたドリンクメニュー>
・桜はるいろ【桜ビール】 1080円
・花見酒 870円
・夜桜【桜マティーニ】 870円
・桜フィズ 870円
・パステルピンク 870円
※すべて税込
※提供は3月1日から

<ビアカクテルメニュー(一部抜粋)>
・レッドビール(Beer+カンパリ) 870円
・ピンクビール(Beer+ピーチリキュール) 870円
・グリーンビール(Beer+ライチリキュール+ブルーキュラソー+ライムジュース) 870円
※すべて税込
インスタ映えするカラフルなビアカクテルが定番に!
昨年の夏限定で登場したカラフルなビアカクテルが好評のため定番メニューになりました。

吉祥寺 SUN Tama Bar
所在地 :東京都武蔵野市吉祥寺北町1-1-19 魁第3ビル2F
アクセス:JR中央線・京王井の頭線 吉祥寺駅 徒歩10分
定休日 :不定休
営業時間:平日・日・祝 18:00~2:00(L.O. 1:30)
平均予算:3,500円

[@Press]
8000輪の桜がイルミネーションに照らされる幻想的な 「吉祥寺 夜桜 2018」

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。