体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“遊園地王”が選ぶ! カップルにオススメの「ドキドキアトラクション」3選

“遊園地王”が選ぶ! カップルにオススメの「ドキドキアトラクション」3選
J-WAVEで放送中の番組「AVALON」。金曜の夜を豪華ナビゲーター陣が週替わりでお届けしています。2月23日(金)のオンエアでは、女優・真野恵里菜がナビゲーターを担当。「遊園地王」の異名を持つ佐々木隆さんをゲストに迎えて、「春休みに最高の思い出をつくろう! 恋するドキドキ遊園地」をテーマにお届けしました。

佐々木さんは、遊園地とテーマパークの評論家として、テレビ東京「TVチャンピオン」で「遊園地王」に輝いたことがある、日本一遊園地に詳しい専門家。そんな佐々木さんに、2人の距離が近づくドキドキアトラクションベスト3を教えてもらいました。順位が上がるほどドキドキ度が増します。

■3位:富士急ハイランド「絶凶・戦慄迷宮〜血塗られた人骨病棟〜」

佐々木:たぶん、日本一怖いお化け屋敷ですね。入った瞬間のにおいと暗さと雰囲気から、2人で入ったら間違いなくパッと手をつかむでしょう(笑)。1キロメートルくらいの距離があって、脅かしてくるお化けが怖い。本気なんです。だから、くっついて歩くこと間違いなしじゃないでしょうか。

このお化け屋敷は、あまりの怖さにリタイアする人も多く、リタイア用の出口が何ヶ所も用意されているほどです。

■2位:東京サマーランド「ラブエクスプレス」

佐々木:ちょっと角度をつけてグルグル回るマシンです。とりあえず席が狭いので、自然と左右に密着して座ることになります。最初はゆっくり回ってるんですけど、徐々にスピードアップして、かなりの早さで回り、しばらくすると逆に回ります。そのくらいだったら普通のアトラクションですけど、最後に乗り物が黒いシートですっぽり覆われて、2人きりになるという。だから「ラブエクスプレス」です。

ただし、回転が激しいので、苦手な人は注意してください。

■1位:水と緑の遊園地 としまえん「イーグル」

佐々木:タワーがあって、周りにある乗り物が、回りながら上がっていくという、よくあるパターンのアトラクションです。2人乗りで、ボブスレーのように前後に座ります。仕切りがないので、抱きかかえるような感じで乗ることになります。ただし、35メートル上空で、かなりの速度で回るから、途中からはそれどころじゃないかもしれないですけど(笑)、乗る瞬間はドキドキじゃないですかね。

真野は、「イーグル」に興味津々。「わ〜、ドキドキだ〜!」と話を聞いていました。オンエアでは他にも、佐々木さんがが遊園地デートで使える「モテテク」を紹介してくれました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「AVALON」
放送日時:毎週金曜 20時−22時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy