体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小沢健二デザインの巨大広告が渋谷と梅田に登場

小沢健二がデザインした巨大柱巻12本が渋谷駅および梅田駅の2月26日から掲出される。
小沢健二デザイン巨大広告(渋谷) (okmusic UP's)

渋谷駅の柱巻には春に行なわれる小沢のツアー『春の空気に虹をかけ』になぞらえて、ミステリアスなデザインで“春”“空”“虹”の3 文字が並ぶ。なお、ツアータイトルは最新シングル「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」の歌詞<日比谷公園の噴水が春の空気に虹をかけ/神は細部に宿るって君は遠くにいる僕に言う/僕は泣く>に由来している。

12本の柱巻では1996年に撮影された小沢の写真がライトアップされ、渋谷の雑踏に浮かび上がる。昨年12月に「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」の歌詞が先行発表されて以来、小沢のアーティスト写真には一貫して20年以上前の写真が使われているが、この柱巻では「アルペジオ」の歌詞の中で「小沢くん、インタビューとかでは何も本当のこと言ってないじゃない」と自嘲的に描写される90年代の小沢健二が、小沢自身の手によって2018年の渋谷に“帰還”したようにも見える。

また、梅田の壁画広告は小沢にとって22年ぶりとなる大阪城ホールでのライヴを告知するもの。小沢は自身のCDや本のデザインを自ら手がけるが、今回の梅田のデザインについては「でかすぎです。僕みたいな素人がデザインしていい大きさじゃありません 笑。」とコメントしている。通路わきに11メートルにわたって続くこの壁画のような広告には、さまざまなイメージと言葉が並ぶ。

小沢の広告デザイン展開では、“ステッカー・ボム(ステッカー爆弾)”と呼ばれる手法も用いられ、東京メトロ全線の車内に『アルペジオ』の歌詞を配したステッカーが貼られた。小沢はステッカーについて「街の一部になるもの」と発言しており、今回の渋谷と梅田の巨大広告も、その延長線上であるようだ。
【小沢健二『春空虹』柱巻 概要】

■渋谷

掲出期間:2月26日(月)~3月4日(日)

掲出場所:東京・東京メトロ半蔵門線/東急田園都市線渋谷駅B2Fコンコース

■梅田

掲出期間:2月26日(月)~3月4日(日)

掲出場所:大阪・うめだエンタメウォールアベニュー(EWA)ホワイティうめだ プチシャン連絡通路
小沢健二ライブツアー『春の空気に虹をかけ』
4月23日(月) 東京・東京国際フォーラム ホールA

5月02、03日(木・祝) 東京・日本武道館

4月29日(日) 大阪・大阪城ホール
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。