体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イベント『LIVE MUE STATION』出演のかなでももこ、voyager、藤崎結朱、太田彩華へのインタビューを公開

アニメやゲームの音楽イベント制作からマネージメントまでマルチな活動をしているエンターテイメント企業「マッシュアップエンターテイメント」が、3月17日(土)吉祥寺CLUB SEATAを舞台に、所属アーティストたちを一堂に会したイベント『LIVE MUE STATION』を開催する。記念すべき第一回目には、かなでももこ・藤崎結朱・太田彩華・voyagerと、所属4組のアーティストが登場。
 (okmusic UP's)

『LIVE MUE STATION』は、各アーティストが持ち時間内でライブを行なうイベント形式ではなく、1本のライブの中、出演者が1-2曲歌っては、次の歌い手とトークを繰り広げながら舞台を繋いでゆくリレー形式で行われる。出演者たちが、1本のライブの中へ何回登場するのか。誰が、どのアーティストに歌のバトンを繋げば、バトンを手渡す中、どんなトークを繰り広げるのか、いろんな楽しみが詰め込まれている。
今回、『LIVE MUE STATION』より、事前に以下の楽曲歌唱が発表になった。

かなでももこ/「赤いメモリーズをあなたに」

藤崎結朱/「Dimension sky」

太田彩華/「命の花」

voyager/「ジードの証」

全員コラボ曲/「キボウノカケラ」(voyager)

事前に告知された情報も含め、どんなめくるめく楽しいライブを繰り広げてゆくのか。4組の出演者たちのインタビューも公開となったので、ぜひチェックしてほしい。
【かなでももこ】

――マッシュアップエンターテイメント主催によるイベント「LIVE MUE STATION」が、このたび立ち上がりました。

かなで 今まで所属アーティストが(一人)ぼっちだったのに、ここ最近で一気にたくさん所属アーティストさんが増えました。その環境の変化に、わたし自身、正直ビックリしています。

――所属アーティストのみなさん、とても華やかですよね。

かなで そうなんです!!。中には、voyagerのTAKERUさんが唯一の男性アーティストとして所属していますけど、基本的に女子率の高い華やかな感じですよね。

――その華やかさに惹かれます。

かなで ありがとうございます。

――この仲間たちと同じステージに立ってライブを行うこと、かなでさん自身も楽しみにしているんじゃないですか。

かなで そうなんです。事務所のみんなだけで、しかも所属アーティストたち全員が一緒のステージに立つのは今回が初めてなので、どんなイベントになるのか今から楽しみです。

――所属メンバーのみなさんとのステージでの共演経験は…。

かなで 藤崎結朱さんと太田彩華さんとは、それぞれにステージで共演したことはあるんですけど。4組一緒にというのは今回が初となります。とくにvoyagerさんとは、今回が初ライブ共演になるから楽しみです。
かなでももこから見た、 voyagerとは…。

――同じ事務所の仲間たちの魅力も、ぜひ紹介してください。

かなで voyagerさんは所属して間もないので、そこまで深く交流が出来ていません。わたし自身、これから始まるリハーサルや本番当日を楽しみにしているところです。ただ、voyagerのメンバーである瀬下千晶さんとは、瀬下さんが『NOeSIS』ナンバーをソロで歌っていることもあって、『NOeFES』で一度共演しています。お二人とはこれから関係性を深めてく間柄と言いますか、「LIVE MUE STATION」を通して、お二人のことをもっといろいろ知りたいです。
かなでももこと太田彩華との 関係性は…。

――太田彩華さんとは、付き合いも深い間柄ですよね。

かなで 太田さんは、事務所へ所属する前から、わたしも楽曲制作をしているチームの中で活動されていたこともあり、太田彩華さんが『NOeSIS』第三期シーズンのテーマ曲『命の花』を歌いマッシュアップエンターテイメントへ所属する前から、何かしらお会いする機会のあった人なんですね。しかもわたし、活動当初から彼女のライブ姿を見ていたり、デビュー曲の『命の花』を『NOeFES』を通して初生バンド披露したときも見ていました。

あのときの思い出としては、太田さんがすっごく緊張していたから、舞台袖で彼女の手を握って「頑張れ、頑張れ」とエールを送っていたこと。太田さんは、わたしのことを「先輩」として親しみを持って接してくれるので、わたしも太田さんには何時も親しみを感じてます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。