体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DEAN FUJIOKA 初の全国ツアーファイナル! 自身の香港映画デビュー作挿入歌など全20曲

DEAN FUJIOKA 初の全国ツアーファイナル! 自身の香港映画デビュー作挿入歌など全20曲

 DEAN FUJIOKA初の全国ツアーとして、全国6か所8公演開催された【1st Japan Tour”History In The Making 2018】が、2018年2月24日に大阪フェスティバルホール公演にてファイナルを迎えた。この日はアンコール4曲含む全20曲を披露。世界各国から集まったファンがDEAN FUJIOKAのパフォーマンスに酔いしれた。

定刻より約5分程度過ぎた頃、会場が暗転する中でアルミ製のルーバーで覆われたステージの奥から色鮮やかなライトが会場に放たれ、DEAN FUJIOKAとバンドメンバーのシルエットが映し出されると、会場からは割れんばかりの「ディーン!」の歓声が響き渡った。そしてデニムジャケットをまとったDEAN FUJIOKAが登場すると、会場は大歓声に包まれる中、最新EP収録のアンビエントなナンバー「Speechless」からライブがスタート。立て続けに「Permanent Vacation」「Banana Muffin Blues」を披露し会場のボルテージを一気に上げた。

 「この日を楽しみにしていました。初の全国ツアー、そして大阪帰ってきたでー。そして今日はツアーファイナルだ!」と語りかけると会場からは「おかえりー」の大歓声が送られた。その後もハンドマイクやでステージを自由に動き、時にはステッキを持って遊び心たっぷりの笑顔をみせ、音楽を心の底から楽しむDEANが優しさと強さを併せもったようなヴォーカルでファンを魅了、加えて横山裕章(key)、神宮司治(dr)、マーリン・ケリー(b)、佐田慎介(g)からなるバンドメンバーとの圧巻のセッションはツアーを重ねて強度を増しており、グルーヴ感満載の巧みな演奏がとても心地よい瞬間を作り出していた。

 中盤のMCでは「噂によるとDEAN FUJIOKAを育てたのは大阪だという書き込みをちらほら目にします。とても嬉しく、大阪で生まれたわけでもないのに胸があったかい気持ちになります」と、かつてNHK連続テレビ小説「あさが来た」で長期間にわたって滞在したことのある大阪への思いと共に、ファンへの感謝を述べた。続けて会場ではツアー恒例となった「どこから来たか」というファンとのコミュニケーションを図ると、北海道から沖縄まで日本全国各地の地名が会場で響く中、台湾、フィリピン、インドネシアなどアジアはもちろん、フランス、スペイン、ドイツなど世界各国からもこの日のライブのために駆けつけたファンがいるなど、国際色の強いDEANならではの一幕もあった。

 後半では一度暗転し、赤いブルゾンをまとったDEANが再び登場。「先日、中華圏ではチャイニーズニューイヤー(旧正月)がありましたね」というMCをきっかけに日頃の感謝の気持ちを込めて、自身もかつて過ごした中華圏のスーパースターであるワン・リーホンの「Kiss Goodbye」のカバーを披露。ステージ上の巨大LEDパネルには中国語、日本語それぞれの歌詞が映し出され、中国語でピアノを弾き語るDEANの姿にファンは酔いしれていた。続けて、ツアー中それぞれの公演で1曲だけを披露してきたが、今日はツアーファイナルだから特別にと、DEAN自身が香港で映画デビューを果たした際の思い出の1曲(映画『八月的故事』挿入歌)であるフェイ・ウォンの「紅豆(ホンドウ)」も披露。そして自身の楽曲「Midnight Messenger Mandarin ver.」を中国語で熱唱した。

 本編はバンドメンバーとともにダンスレクチャーを交えてからの「DoReMi」で会場との一体感を作り出し、そして自身主演のTVドラマであり、ウィンターソングとしてこの冬を彩った「Let it snow!」、最後はTVアニメ『ユーリ!!! on ICE』OPテーマとしても世界に知られたアンセムナンバー「History Maker」で、会場にいたファンの大合唱とともに本編は締めくくられた。

 アンコールでは再び登場すると大歓声で迎えられ、バンドとのジャムセッションを心の底から楽しんで、計4曲を披露。最後は「My Dimension」で締めくくり、全20曲、約2時間40分に渡るライブは幕を閉じた。

PHOTO:島津明

◎セットリスト
【1st Japan Tour”History In The Making 2018】
2018年2月24日(土)
01. Speechless
02. Permanent Vacation
03. Banana Muffin Blues
04. Midnight Messenger mabanua Remix
05. April Fool
06. Thirsty
07. Unchained Melody
08. S.O.F.
09. Mr.Taxi
10. Sweet Talk
11. Kiss Goodbye
12. 紅豆
13. Midnight Messenger Mandarin ver.
14. DoReMi
15. Let it snow!
16. History Maker
En 1.Newspaper
En 2.Showdown
En 3.Priceless
En.4 My Dimension

関連記事リンク(外部サイト)

DEAN FUJIOKA ドラマ主題歌「Let it snow!」を注目の女性トラックメイカーYUC’eがリミックス
DEAN FUJIOKA 故郷・福島でのライブ映像&ドキュメンタリーのダイジェスト公開
DEAN FUJIOKA「早くゲレンデで聴きたい」自身主演ドラマにウィンターソング書き下ろし

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。