体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleアシスタント、年内に30言語サポート! 多言語の同時対応も

GoogleのAIアシスタントがさらに賢くなる。

Googleは、年内に対応言語を現在の8言語から30言語超へと増やし、しかも同時に多言語をサポートするようになる、と発表した。

・30言語で95%カバー

現在、Googleアシスタントは英語や日本語、フランス語、ドイツ語など8言語で利用できる。「オーケー、グーグル」などと話しかけて、「○○までの道順を教えて」「△△に電話をかけて」などと言えば実行してくれる。実に忠実な秘書だ。

この秘書、8言語からいっきに30言語超へとマルチスピーカーとなる。まず、今後数カ月以内にデンマーク語、オランダ語、ヒンディー語、インドネシア語、ノルウェー語、スウェーデン語、タイ語に対応する。

Googleによると、30言語で世界中で使用されているAndroid携帯の95%をカバーできるのだという。

・切り替えなしで複数言語対応

また、現在のところ、このアシスタント機能を使うには、最初に一つの言語を選ぶ必要がある。日本語ユーザーなら日本語を、英語ユーザーなら英語を、という具合だ。

しかし、今後は同時に複数言語に対応するようになる。なので、仕事で英語を、家庭では日本語を使うという人がいちいち設定を変えることなく、どの言語で話しかけても作動するのだ。

この機能は今年後半にも展開する予定で、最初に英語、フランス語、ドイツ語で始め、順次言語を増やしていくとのこと。

同じAIアシスタントとしては、AmazonのAlexa、AppleのSiriがあるが、Alexaは英語、日本語、ドイツ語のみの対応。Siriはもう少し多いがそれでも約20言語。

世界の多くのひとがアシスタント機能の利便性を享受できる、という意味ではGoogleが一歩抜きん出ることになりそうだ。

Google blog

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。