体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

次期スバル フォレスターは、PHV化により米中の環境規制に対応する

▲サイドウインドウ下に彫りの深い造型が加えられ、ダイナミックな印象が強まる次期フォレスター。インプレッサと同じ、スバルグローバルプラットフォームに、トヨタから技術供与を受けるハイブリッド機構が搭載される

▲サイドウインドウ下に彫りの深い造型が加えられ、ダイナミックな印象が強まる次期フォレスター。インプレッサと同じ、スバルグローバルプラットフォームに、トヨタから技術供与を受けるハイブリッド機構が搭載される

トヨタからハイブリッド機構を調達

クロスオーバーSUVに、高性能エンジンの組み合わせと、特異なキャラクターから始まったフォレスター。5代目となる次期型には、プラグインハイブリッドもラインナップされて、環境対応が大きく進む。

スバルは、将来の電動化を見据えて、先代XVで自社開発のハイブリッド機構を実用化して世に送り出した。独自のチェーン式CVTに1モーター方式のシステムを組み合わせ、提携に頼ることなく自社でやり遂げた。

しかし、そのハイブリッドも現行XVには、設定されていない。なぜなら、スバルは環境技術の一部を、提携先のトヨタから調達することを決めたからだ。

その搭載車の第1弾となるのが次期フォレスターだ。同車は国内以上に、北米など海外で人気を集めており、5代目にあたる次期モデルが海外(とくに北米や中国)の環境規制を見据えて、開発されていることは想像に難くない。

▲4WDシステムや、動力系が統合制御されるX-MODE、直噴ターボ、チェーン式CVT、EyeSightが搭載されて、商品力に磨きがかかった現行フォレスター(4代目)。オレンジのパーツが配された、X-BREAKの設定も印象深い

▲4WDシステムや、動力系が統合制御されるX-MODE、直噴ターボ、チェーン式CVT、EyeSightが搭載されて、商品力に磨きがかかった現行フォレスター(4代目)。オレンジのパーツが配された、X-BREAKの設定も印象深い

2Lエンジンに、モーターと大容量バッテリーを追加

5代目フォレスターには、プラグインハイブリッドも設定される。外部給電も行える大容量バッテリーは、ラゲージ床下に搭載され、居住性が損なわれることはないだろう。

スバル特有の水平対向エンジンに、トヨタの電動化技術が組み合わされ、ガソリンを使わずにEV走行もできる。走行できる距離は数十kmに及ぶはずだ。用いられるエンジンは、FB20型2Lが有力。

シルエットは現行モデルに似たデザインを踏襲。サイドウインドウ下には、彫りの深いキャラクターラインが設けられて、アグレッシブな印象が強められる。

また、水平基調のフロントノーズは、フェンダーに近い左右部分が高めに設計されて、見切りの良さが追求される。

2018年内に生産が始まる次期フォレスターは、4月の北米ニューヨークモーターショーでアンベールされる可能性が高い。国内では秋以降に発売され、なかなか勢力を伸ばせないままの欧州には、年末または2019年に投入されるだろう。

※2018年2月26日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

【SPECIFICATIONS】

■予想発表時期:2018年12月

■全長×全幅×全高:4650×1800×1715(mm)

■搭載エンジン:2L 水平対向4+モーター

text/マガジンX編集部

photo/マガジンX編集部、スバル

関連記事リンク(外部サイト)

ちょっとくたびれた日産 ピノと過ごす時間が、私たちに元気をくれるんです
日産のe-POWER・EVは、滑る路面に強い! 氷上で分かる「ワンペダル」の利点
テリー伊藤が「これで青山の街を走る女性がいたら惚れる」と断言するシトロエン BX

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy