体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MONO消しゴムがスティックになった!携帯性と使用感抜群のホルダー消しゴム『モノスティック』

消しゴムって、いわゆるブロック型の直方体だと勝手に決めつけていないだろうか。あるいは消えれば形なんかどうでもいいと思っていないだろうか。しかし、もし消す“性能”が同じなら、カッコよくて利便性がいい形の方が良くはないか? 答えは、発売されたばかりのホルダー消しゴム『モノスティック』を使えば、すぐにわかるはず。

カラーラインナップは3種。

スマートにペンケースに収まる、スティック形状!

2月9日、株式会社トンボ鉛筆は、ノック式ホルダー消しゴム『モノスティック』を発売した。

トンボ鉛筆の「MONO消しゴム」は、おそらく読者の多くが使ったことがあると思われる、広く国民的に使用されている消しゴムの定番商品。その青白黒でおなじみの3色柄のイメージと字消し能力、そして使用感をそのまま変えずに、ペンタイプのノック式ホルダーで使用するのが、この新商品の最大の特徴だ。

実は記者自身も、これを使ってみるまでは、「消しゴムは四角でいい!」と漠然と思っていたのだが、これは大きな間違いだった。何といっても使い勝手が非常にいいのである。

クリップレスのスマートなデザインで、かさばらない! 引っ掛からない!

思い出してみて欲しいのだが、ペンケースの中身は、だいたい15cm前後の細長いものばかりが入っている。シャープペンやボールペンなどの筆記具、定規、シャープペンの替え芯、色鉛筆、等々。そこに小さくて短い従来の消しゴムは明らかに合わない。特に昨今は、縦に立てて使うペンケースなども登場している。『モノスティック』なら、そんなペンケースにもスマートに収納できて、しかも取り出すのも便利である。

立てて使うペンケースにも、一般的なペンスタンドにも。

さらに、従来の四角い消しゴムは、使うにつれて小さく丸くなっていき、角が取れて細かく消しにくくなるだけでなく、転がって机から落ちたり、なくしやすくなってしまう。また、使うにつれて次第に汚れてきたり、ペンケースの中で他の鉛筆と触れて汚くなり、消しゴムなのに、かえって紙面を汚す原因になったりもしていた。

『モノスティック』なら、シャープペンのように使うときにノックして消しゴムを出し、使い終わればまた消しゴムをホルダーにしまえるので、消しゴムが汚れることがなく、小さくなってしまうこともない。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy