体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

勉強や仕事の集中力を高めるには何色が効果的?

勉強や仕事の集中力を高めるには何色が効果的?
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。2月26日(月)のオンエアでは、脳神経外科医・菅原道仁さんに、勉強や仕事の集中力を高める「色」の効果を伺いました。

■周りの小物を「青色」に

菅原さんによると、青色は血圧や呼吸や脈拍を下げて、筋肉の緊張を和らげる作用があるそうです。「仕事や勉強の集中力を高めたい時は、デスク周りの小物やペン、マウスパッドや壁紙などを青色にすることをお勧めします」とのこと。

また、青色の防犯灯で、犯罪率が下がったという事例も。イギリスのグラスゴーでは、景観改善の目的でオレンジ色の街灯を青色に変えてみたところ、犯罪が激減したという報告がされたそうです。

■「赤色」の効果

反対に、赤色は血圧や呼吸速度を高め、筋肉緊張を増大させると言われており、色を見た後の作業速度や、握力を調べる実験では、赤色を見た時に力が発揮されることが判明しているそうです。

「プロゴルファーのタイガー・ウッズ選手は、最終日は赤いポロシャツを着てプレイすることも有名です。極度の集中や瞬間的能力の発揮を必要とするスポーツ競技などでは有利になると言えそうです」と解説。

ただし、赤色は勉強には不向きだという報告もあり、 IQテストの問題冊子の表紙を赤・緑・白に変えて試験を行ったところ、赤色の表紙でテストを行った生徒だけが、平均で20%も成績が下がったそう。

この結果から、赤は体の反応を強化させる反面、赤から連想させる驚異が不安を引き起こし、集中力を低下させるのではないか、と言われています。色による気持ちや行動の変化は、遺伝的要素や過去の経験、あるいはその時の気分などにも影響しますが、菅原さんによると「信じれば大きく変わる可能性がある」とのことなので、ぜひ、試してみてください。

次回2月27日(火)の放送では、イシハラクリニック副院長の石原新菜さんが、話題の「酢」を使った美容法を伝授します。どうぞ、お楽しみに!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。