体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「リバースプロジェクト」がエシカルな制服をプロデュース!

otake201802261200_1

「リバースプロジェクト」が発足した『全日本制服委員会』が、「ニッポンレンタカーサービス」の従業員のユニフォームをプロデュースした。

「リバースプロジェクト」は、俳優・伊勢谷友介氏が代表を務め、“人類が地球に生き残るため”をテーマに、新たな価値とモノの創造、社会貢献活動を行っている。その「リバースプロジェクト」が立ち上げた『全日本制服委員会』は、日本のユニフォーム環境に配慮された“エシカル素材”で製作し、再資源化できるシステムの導入と実現を目指している。

otake201802261200_2

今回プロデュースされることになった「ニッポンレンタカーサービス」は、“No.1サービス”を推進する姿勢と、常に最高の接客とおもてなしができる従業員教育に力を入れている。そうした姿勢を表現するために、従来のブルゾンスタイルから、ジッパーを開けることで形が変化してジャケットにもなる、マルチな機能性とデザインを兼ね備えた「ブルゾンジャケット」を採用。再生ポリエステル糸を織り込んだ素材を採用するなど、今の時代に見合ったスタイリッシュで環境配慮がなされたユニフォームに仕立て上げられている。


『全日本制服委員会』では、2020年までに1000万着のエシカル化した制服をプロデュースすることを目指し、海外への発信を通じて再資源技術大国・日本の存在と生産性の技術を国内外に誇示していくそうだ。

「株式会社リバースプロジェクト」 ( https://www.rebirth-project.jp )

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。