体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新たな「ホテル体験」を提供! 建築家・谷尻誠が手がけたhotel koe tokyo

新たな「ホテル体験」を提供! 建築家・谷尻誠が手がけたhotel koe tokyo
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。2月21日(水)のオンエアでは、渋谷にオープンしたばかりの注目ホテル「hotel koe tokyo」を手がけた建築家の谷尻誠さんをゲストにお迎えしました。

■hotel koe tokyoが生まれたきっかけ

谷尻さんが「hotel koe tokyo」を手がけることになったのは、約3年前に株式会社ストライプインターナショナルの社長・石川康晴さんに相談を受けたことがきっかけ。その相談とは、「渋谷で『koe(コエ)』というファッションブランドが何をやればいいか」というのもでした。

谷尻:お店が開いている時間って12時から20時くらいで、8時間しか服を選べないですよね。だとしたら、「24時間koe」というコンセプトで、24時間洋服と関わってもらえる環境で洋服屋さんをやるのはどうか、ホテルでやればいいんじゃないかと提案したんです。

「hotel koe tokyo」の1階にはカフェ「koe lobby」があり食事も可能。フロアの右部分に洋服があり、階段を上がって2階にも洋服や小物があるそうです。23時までは無人のレジがあり、買い物ができるのだとか。

またホテルに宿泊すると、アメニティやパジャマなど必ずファッションや生活用品と関わる時間があります。そのため、朝昼晩の一日を通して、「koe」というブランドの世界観を体感することができるそうです。

■いろんなカルチャーが混ざりあったホテル

谷尻:ホテルのロビーって必要なものだけど、“待つ”以外の機能がないですよね。でも、カフェレストランになっていて、ご飯を食べながら待ってもいい。服を見られるように置いておいたり、その服をどければライブができたり。ライブを見てお酒を飲んで、飲み過ぎたから泊まって帰るか、みたいなことがあってもいい。「hotel koe tokyo」は、そういう、いろんなものが実際に隣り合わせでつながっています。渋谷の街って、あらゆるものが混ざり合っていますよね。そのカルチャーを、そのまま形にする。それが渋谷らしいんじゃないかと思ったんです。

ホテルという概念が新しく塗り替えられそうな「hotel koe tokyo」。ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。