体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パートナーとの生活で「絶対に嫌なこと」ランキング発表! 解消するには?

パートナーとの生活で「絶対に嫌なこと」ランキング発表! 解消するには?
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。2月22日(水)のオンエアでは、「パートナーとの生活で『これは絶対に嫌だ』と思うこと」という話題を扱いました。

先日、「パートナーとの生活のなかで『これは絶対に嫌』」と思うことをまとめたランキングが、リクルート住まいカンパニーから発表されました。そこで今回は株式会社リクルート住まいカンパニーSUUMO編集長の池本洋一さんをゲストにお迎えし、「絶対に嫌!」の感情の裏に迫りました。

■「パートナーとの生活のなかで『これは絶対に嫌』と思うこと」ランキング

このランキングは、男女それぞれに、相手に対して「ここは絶対嫌」というもの挙げてもらい、ベストテンにまとめたものです。男女別のランキングは以下のとおりとなりました。

【女性の意見】

1位:会話がない

2位:洋服を脱ぎっぱなし

3位:家事を分担してくれない

【男性の意見】

1位:会話がない

2位:家事が雑

3位:一緒にいるのにスマホばかり見てる

男性が女性に嫌がられているのは、“家事に参加しない”ということですが、その背景について池本さんは下記のように分析しました。

池本:相手のやっている仕事に対するリスペクトが足りていない気がします。共働きが普通になり、どちらかに仕事の配分が偏ることがあると思うんですが、そこに対して感謝の気持ちを持っていない。持っていても言えないということもありますが、ないがしろになっているのかなと思います。

池本さんは、「自分がやっていないことの苦労は理解できないのでは」とも指摘。皿洗いや片付けなどは分担して、苦労を知っておくとよさそうです。

池本:あとは多少、許しあう。“きれいさ”の基準は、生まれ育った環境で違いますから、家族とか夫婦とはいえ個人だと思って、許しあう。また、個人が大切にしていることや、仕事はお互いにリスペクトすべきだと思うし、それに関する会話をするのはいいと思います。家族でも「相手が何をやってるかわからない」ということはよくある。相手が頑張っていることについて意識すると、お互いに対しての尊敬の感情が生まれやすいかなと思いますね。

さらに池本さんは下記のようにアドバイスしていました。

池本:まずは家族が同じ空間に一緒にいることが大事。家も、それぞれ個室にこもるのではなく、みんなが集まれるような空間づくりが重要です。最近おすすめしているのは、リビングにみんなが気持ちよく集まれるよう大きなラグを買うなど、インテリアや間取りを工夫することです。

昔は、大きなソファーを置いてテレビがある……というリビングが一般的でしたが、今はそれぞれスマホを使うこともあるでしょう。そのため、「プライベートの時間を楽しみつつ、同じ空間にいる」という部屋のデザインが重要になっているそう。ハンモックの導入も効果的とのことでした。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。