体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

びわ湖ホール芸術監督 沼尻竜典プロデュース【近江の春 びわ湖クラシック音楽祭2018】チケット一般発売開始

びわ湖ホール芸術監督 沼尻竜典プロデュース【近江の春 びわ湖クラシック音楽祭2018】チケット一般発売開始

 4月から5月の2か月にわたり、びわ湖ホールを中心とした滋賀県内全域で初開催する【近江の春 びわ湖クラシック音楽祭(びわ湖ホール会場)】のチケットの一般発売がスタートした。

 【近江の春 びわ湖クラシック音楽祭】は、誰もが気軽に優れた音楽家の演奏に触れることができる新しい音楽祭。びわ湖ホール芸術監督で指揮者の沼尻竜典がプロデュースするびわ湖ホール会場では、3日間でおよそ70公演が行われ、京都市交響楽団や大阪フィルハーモニー交響楽団などの大編成オーケストラの演奏を2,000円で楽しむことができる。

 その他、びわ湖を眺めながら楽しめる屋外での【かがり火オペラ】(初開催)や、大型豪華客船ビアンカ(協賛:琵琶湖汽船株式会社)での湖上コンサートなど、琵琶湖を有する滋賀県ならではのプログラムも揃っている。

 2月25日に、びわ湖ホールで記者会見に臨んだ沼尻は、音楽祭への意気込みを「ここでしか聴けないものをびわ湖ホールが創ります」と語っている。

◎公演情報
【近江の春 びわ湖クラシック音楽祭2018】
<滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール>
2018年5月3日(木・祝)から5日(土・祝)
<その他会場>
2018年4月15日(日)から5月20日(日)

プログラム詳細 https://goo.gl/jDL5Dr

関連記事リンク(外部サイト)

岸田繁が京都市交響楽団に30分を超える交響曲を書き下ろし
井上道義、大阪フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者に就任
2017年のクラシック・リリースを振り返る、インディペンデントが再評価進む

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy