体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネバヤン阿南、ライブで不機嫌そう?「ギリギリのギター弾いてて…」

ネバヤン阿南、ライブで不機嫌そう?「ギリギリのギター弾いてて…」
J-WAVEで放送中の番組「THE KINGS PLACE」(水曜担当ナビゲーター:never young beach)。2月21日(水)のオンエアでは、阿南智史と松島皓のギターコンビでお届け。リスナーからの質問に答えました。

■ライブで不機嫌そう…実際は?

まず紹介したのは、こんなメッセージ。

「阿南さんがライブの時にあまり笑わないのが残念です。去年、初めてライブを観たとき、いつもクールなことを知らなかったので不機嫌なのかなと思ってしまいました。ライブ中、ときどき笑顔を見せてほしいです」

阿南は確かによく「不機嫌そう」と言われるそうで……。

阿南:別に不機嫌っていうわけじゃないんですよ。集中してるんだよね、わりと。自分ではわりとギリギリのギターを弾いているんです。ライブ中っていうか曲ごとに。けっこう引き倒してて、意外と。だから集中しないと弾けないんだよね。笑顔は出したいと思うんですよね。でも……できない!
松島:そもそも普段からニコニコしているタイプではない。でも、不機嫌ではないんだよね。

本当に楽しいときは自然に笑顔になっているそうなので、阿南の笑顔をみたい人はぜひライブ中、じっくりチェックしてみてください。ちなみに笑顔が出る確率はライブ20〜30回に1回くらいだとか。根気よく通う必要がありますね。

■ギター初心者「指の痛みの乗り越え方」

続いては、最近ギターを始めたというリスナーから、「毎日練習したくて弾いているんですが、指が痛いです。みなさんはどうやって乗り越えてきたのか教えて欲しい」というメッセージが届きました。

これに「痛さは絶対に避けられない」と松島。エレキギターとアコースティックギターでは、指の痛さが違うそうで、エレキギターはまだマシだとか。そのため、2人はまずはエレキギターを始めてから、慣れたらアコースティックギターをやってみることをおすすめしました。

ちなみに阿南がギターを学んだのはYouTubeだったそう。

阿南:個人のおじさんが、スピッツの「チェリー」を解説している動画を何十回も見て、一ヶ月かけて「チェリー」練習してギターを覚えました。

ギターを始めようと思う人や、指の痛さで挫折しかけている人は、今回の2人の意見を参考にしてがんばってみてください!

この他、番組の後半では阿南と松島が“対談したい著名人”について語り合いました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「THE KINGS PLACE」
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy