体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ファンタジーの世界に逃げたいとき…「お姫さま願望」を叶えてくれる映画

ファンタジーの世界に逃げたいとき…「お姫さま願望」を叶えてくれる映画
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「Amazon Prime Video ANYTIME, ANYWHERE」。2月22日(木)のオンエアでは、都立大学駅近くにある絵本専門店「ニジノ絵本屋」代表の、いしいあやさんが「絵本のような映像作品」をテーマに作品をセレクト。紹介したのは『魔法にかけられて』です。

■お姫さまに憧れている人は必見! 作品の魅力は……

いしい:アニメーションと実写が完全に融合している作品。コメディなのでおもしろいなと思って。「お姫さま映画あるある」みたいなのを実写の人が全部やっているので、元ネタ探しをしちゃう。「絶対観たことある!」みたいな感じでおもしろかったです。

『魔法にかけられて』は、現実のニューヨークに迷いこんだ異世界のお姫さまを描いたミュージカル作品。クスッと笑えるような演出や、「実写でこうなるんだ」といった驚きも散りばめられているそう。「お姫さま願望」がある人は盛り上がることができる作品なのだとか。

いしい:お姫さまがファンタジー過ぎるけど、リアルとのギャップのちぐはぐ具合がおもしろいです。ファンタジーの世界に逃げたい人とかが観るといいかもしれません。この映画はファンタジーからリアルに来るんですけど、もしリアルからファンタジーに行きたいと思っている人がいたら「現実も悪くないな」ときっと思います。

別所も「ニューヨークの街が魅力的に見え、異世界が現実とつながる。空想力が高まる作品」と同作をおすすめしていました。

なお、いしいさんが代表を務める「ニジノ絵本屋」の成り立ちを描いた『ニジノ絵本屋の本』が3月に発売されます。詳細は「ニジノ絵本屋」の公式サイトやSNSをチェックしてみてください。

なお、いしいさんは、19日(月)の放送では『ロッキー・ホラー・ショー』を、20日(火)は『マーク・ジェイコブス&ルイ・ヴィトン 〜モード界の革命児〜』を、21日(水)は『美女と野獣』を紹介してくれました!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy